「オーシャンズ8」は、日本でも大人気のシリーズ映画「オーシャンズ11」の女性版の作品になっています。

この作品には、日本でも人気のあるサンドラ・ブロックやアン・ハサウェイなど豪華なキャストが出演している作品です。

この作品で描かれるのは、男性の詐欺師に復讐を誓った天才詐欺師の女性と仲間たちの姿になっています。

仮釈放されたデビー・オーシャン。

出所したらおとなしく地味に生活すると言っていた彼女でしたが、デビーには刑務所で暮らしている時からある計画があり……。

この作品では、一流の犯罪者たちが協力してハリウッドスターのしているネックレスを盗み出すストーリーになっています。

映画「オーシャンズ11」のストーリーを知っている方はもちろん、知らない方でも十分に楽しめる作品です。

それでは映画「オーシャンズ8」ネタバレあらすじや感想考察と評価など、総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

映画「オーシャンズ8」の作品情報


【公開日】
2018年8月10日(日本)

【上映時間】
110分

【監督】
ゲイリー・ロス

【脚本】
スティーブン・ソダーバーグ
ジョージ・クルーニー

【出演者】
サンドラ・ブロック
ケイト・ブランシェット
アン・ハサウェイ
ミンディ・カリング
サラ・ポールソン
オークワフィナ
リアーナ
ヘレナ・ボナム=カーター

映画「オーシャンズ8」のネタバレあらすじ

犯罪グループ「オーシャンズ」のリーダーのダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャン。

彼女はある男性と付き合い騙されて刑務所に入っていました。

デビーは、面会で「出所したら、おとなしく地味に生活を送ります」と言って仮釈放の許可を得ます。

彼女は、出所してすぐに高級デパートに入り堂々と万引きして、チェックアウトしたお客のホテルの部屋に潜り込み、フライトがキャンセルになったと言いました。

その後、デビーは友人のルーに会いに行きます。

ルーは、何を企んでいるのかデビーに聞きました。

デビーは、最高に高価なジュエリーが地下15mに眠っているとルーに教えます。

興味を持ったルーは、どうやって出すのと尋ねると「向こうから出てくる」と答えたのです。

一緒に暮らしていた家に戻ったデビーは、着替えてクロード・ベッカーの画廊へ。

女性と話していたクロードは、デビーの姿を見つけて驚きます。

彼女は、クロードに刃物を立て「あなたは塀の中でモテると思うわ。」と言ってボタンをちぎり去っていきました。

セレブ

デビーは、翌日ルーに狙っているジュエリーを見せに行きます。

博物館のヨーロッパ王室ゾーンに展示されていて、ルーは難しいと言いました。

盗むには、20人と50万ドルくらい必要だというルーでしたが、デビーは7人と2万ドルで足りると言います。

ルーは「何故やるの?」と聞きましたが、デビーは「特技だから」と答えました。

毎年開催されるメットガラのポストになったダフネ・クルーガに目を付けたデビー。

ルーとデビーは、ダフネのメットガラのドレスを作るデザイナーを探します。

そして、元売れっ子で今は崖っぷちのデザイナーのローズ・ワイルに目を付けました。

ローズに会いに行った2人は、ファンだと嘘をついて彼女に近づき「ダフネのドレスを作るのよ」と言います。

ルーとデビーは、ダフネの為になら高級なジュエリーが博物館から貸し出されるのではないかと考えていたのです。

その為にドレスをローズに作らせ、ネックレスがあれば完ぺきだと言うように仕向ける作戦でした。

仲間集め

デビーは、仲間を探すことに。

ルーと手分けして仲間を探し、ハッカーのナインボールや宝石の偽造が得意なアミータを見つけます。

2人は、ローズを連れてペネロピーに合わせ写真を取り「ドレスの依頼をした」という噂を立てました。

ペネロピーは、ダフネが意識するほど人気のハリウッドスターだったのです。

ダフネは、その記事を読んですぐにローズを呼び出します。

そして「メットガラのドレスをお願いしたい」とダフネに言わせることに成功。

そして、スリ師のコンスタンスも勧誘し、昔の仲間のタミーに会いに行きました。

タミーは、子育てに大忙しでしたが、昔は密輸のトラックなどを襲っていたのです。

デビーは「退屈してるんじゃないの?大仕事よ。」といってタミーに金額を教えます。

興味がないと言っていたタミーでしたが、誘惑に負けて参加することに。

作戦会議

ダミーはみんなを集めて、成功すれば1650万ドルが口座に入ることを教えみんなはそれぞれ準備を開始します。

3Dプリンターを準備してジルコニウムで、ジュエリーの贋作を作ることに。

カルティエに行ってネックレスを見せてもらったローズたちは眼鏡で情報を送ろうとしましたが、電波が届かず「太陽の光にあてて」と店員に言います。

まじまじとネックレスを見つめるローズに不審がる店員でしたが、何とかデーターを100%習得しました。

ローズは、ダフネが情緒不安定で急に泣き出したりするので、ドレス作りに難航してしまいます。

監視カメラの映像を確認していたデビーたちは、監視カメラの位置を少しずつ動かし死角をつくることに。

ナインボールがセキュリティー担当の個人情報を調べ上げ、彼の好きな犬の画像を使ってハッキングします。

そのころタミーは、メットガラを仕切るヴォーグ社にスタッフとして雇われることに成功。

ライバル

そんな中デビーの元カレのクロード・ベッカーが、ダフネのエスコート役に名乗りをあげます。

ダフネは、クロードを気に入りました。

デビーは、10年前にアートディーラーのクロード・ベッカーと組み荒稼ぎをしていたのです。

ある日単純な仕事だと言われて付き添ったデビーでしたが、相手は警察ですぐに捕まってしまいます。

クロード・ベッカーは裏切り、「自分は何も知らない。被害者だ」と証言しました。

デビーだけが警察に捕まり、彼は無罪を勝ち取ったのです。

ルーは、ダフネにクロード・ベッカーが近づいていることを知りデビーに「何故言わなかったの」と問い詰めます。

デビーは、たまたま彼が出てきただけで関係ないと言いました。

ルーは、個人的な感情を持っているデビーを心配します。

ヴォーグに潜入しているタミーは、メットガラの時のコックにアミータを紹介しました。

障害

ローズは、ついにダフネに狙いのジュエリーを試着させることに。

警備員たちが何人も同行し、ダフネの首にネックレスが付けられます。

しかし、ネックレスを外すには特別な磁石が必要だったのです。

ローズは、急いで動画を撮りみんなに磁石の存在を知らせました。

みんなは、行き詰まりナインボールの妹に助けを求めます。

ナインボールの妹は、代用品を用意してくれたことでなんとか問題解決しました。

メットガラ当日

ローズは、ダフネと一緒に会場へ入り。

他のみんなも色々なIDを使って、会場へ潜入しました。

ダフネの周りには、ネックレスを守る為の警備が。

厨房に潜入したルーは、ダフネの食事にあるモノを混ぜます。

コンスタンスは、トイレの個室に潜入しダフネを待ちました。

ダフネは、話している途中で気分が悪くなりトイレへ駆け込みます。

コンスタンスは、彼女の背中をさするフリをしてネックレスを外し奪い取りました。

彼女は、カメラの死角を利用して何も知らないウェイターにネックレスを運ばせます。

アミータは、洗い物をするフリをしてネックレスを取り出しスタッフ用のトイレへ。

ベビーベット用の所を改造し、ダイヤを分解し始めます。

トイレから出たデビーの首にネックレスが無いのを見た警備員は、急いで出口を封鎖しました。

警備員たちがダイヤを捜索し、アミータのいるトイレの前へ。

あと一歩のところで、タミーが3Dプリンターで作ったニセモノを池の中から引き揚げ警備員に渡します。

コンスタンスは、アミータが分解したダイヤをすれ違いざまに仲間に渡して行きました。

クロード・ベッカーは、金髪のデビーとぶつかりましたが、彼女かわからずそのまま見送ります。

デビーやみんなは、ドレスにダイヤのアクセサリーを付けて会場を後にしました。

デビーの作戦は大成功だったのです。

その後カルティエがネックレスを鑑定し、ニセモノだと気づいて警察に通報。

新たな仲間

保険金調査員のジョンは、カルティエに呼ばれて調査に向かいました。

ジョンは、デビーの父親と兄を逮捕したことのある人物でした。

ジョンは、保険金詐欺の可能性もあると疑っていたのです。

彼は、ダフネにも話を聞きに行きました。

ダフネは、クロード・ベッカーの話しを聞かれます。

他にも「トイレで誰か見た?」と聞かれデビーの写真を見せられました。

ダフネは、見ていないと言います。

ジョンは、デビーのことを真っ先に疑っていましたが、彼女は常に監視カメラに写っていたのでアリバイがあったのです。

仕事が成功したデビーたちが楽しく過ごしていると、ダフネがやって来ました。

ダフネは「あんたたちおしまいよ」と口にします。

驚くみんなでしたが、デビーとルーが彼女を呼んでいたのです。

デビーは、ダフネが自分たちの計画に気づいていると考えました。

ダフネは、「下手なローズの演技はすぐにわかった。それにまずゲロなんか吐かない。人の顔は忘れない」と言います。

そしてデビーは、8人で取り分を別けようと考えたのです。

ダフネが協力した理由は、「同性の友達が欲しかった」と答えます。

ジョンが探っていることをダフネに聞いたみんなは、慌てましたが「身代わりを立ててある」とデビーが言いました。

デビーは、クロード・ベッカーとぶつかった時に彼のポケットにダイヤを忍ばせていたのです。

その後タミーは、色々な人を利用してダイヤを売ってもらいます。

身代わり

ジョンは、クロード・ベッカーの元へ行きました。

クロード・ベッカーは、激怒しジョンを追いかえします。

ジョンは、その後デビーと会い「逮捕しないからネックレスを返して」と言いました。

デビーは、クロード・ベッカーの写真を見せて「復讐もできて一件落着。今礼状を取れる理由を作ってる」とジョンに言います。

その頃ダフネは、クロード・ベッカーの家に行きデビーが忍ばせたダイヤを取り出し写真を撮ってデビーに送りました。

デビーは、ジョンに写真を送ります。

ダフネは素知らぬふりでクロード・ベッカーの家から帰り、翌日彼は逮捕されてしまいました。

デビーたちは、彼に罪を着せる為にダイヤを売ったお金をベッカーの口座に振り込ませ刑を確実にしたのです。

そして、他にもデビーとルーは博物館に展示されていたネックレスを回収し3Dプリンターの偽物と交換していました。

最終的な取り分は3900万ドルだったのです。

お金を受け取ったみんなは、それぞれ新しい生活を手にいれました。

デビーは、兄ダニー・オーシャンのお墓へ行きマティーニを飲みます。

「兄さんに見せたかった」と口にします。

映画「オーシャンズ8」の感想と考察

映画「オーシャンズ8」は、緻密に計算された犯罪計画を実行する女性たちが描かれていました。

クロード・ベッカーは気づいていた?

主人公のデビー乃目的は、自分を裏切り刑務所に入れた元カレのクロード・ベッカーへの復讐とお金でした。

クロード・ベッカーは、途中でデビーとぶつかって彼女を見つめていましたが、気づいていたのでしょうか。

逮捕された時にクロード・ベッカーは彼女の名前を出していないことを考えると、彼はデビーに気づかなかったようですね。

豪華なキャスト

映画「オーシャンズ8」は、豪華なキャストがたくさん登場していました。

サンドラ・ブロックやアン・ハサウェイやケイト・ブランシェットやヘレナ・ボナム=カーターなど、多くの作品で主演をしているキャストに加えて、歌手のリアーナなども出演しています。

キャストだけでもとても見ごたえがある作品になっていました。

ドレスがゴージャス

この作品では、ドレスや博物館の展示物なども見どころになっています。

それぞれのキャストたちが、ダイヤを盗み出しドレスを着てメットガラから出て行く姿は圧巻です。

映画「オーシャンズ8」の評価とまとめ

映画「オーシャンズ8」は、過去のシリーズと比べても最高だと評価されています。

ストーリーが面白いということもあり続編を期待しているファンも多く、今後の展開にも期待が集まっていますね。

最高に綺麗でクールな女性犯罪集団が活躍する映画「オーシャンズ8」。

緻密に計算された犯罪の計画や、鮮やかな犯罪のテクニックなどが楽しめる作品になっています。

豪華なファッションやストーリーなども見どころが満載になっているので、女性だけで楽しみたい時や、男性に復讐するようなスカッとするストーリーを観たい時に楽しんでみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事