「5パーセントの奇跡〜嘘からはじまる素敵な人生〜」は実話を元にした感動のストーリーです。

スリランカ人の父とドイツ人の母を持つ高校生のサリーは、ある日突然視力を95%失ってしまう。

しかし彼は、幼き頃からの夢である一流ホテルで働くことをどうしても諦められなかった。

彼は、夢のために障害を隠して一流ホテルの見習いになり、奮闘します。

周りからどんなに止められようと、自らの可能性を信じるサリー。

前向きでタフな彼を中心に心強い人脈が広がっていきます。

誰もが笑って泣けて、心がスッキリとするこの映画のあらすじやネタバレをどこよりも詳しく紹介します。

スポンサーリンク

映画「5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜」作品情報

【公開日】
2018年1月13日

【上映時間】
111分

【監督】
マルク・ローテムメント

【原作】
サリヤ・カハヴァッテ

【キャスト】
サリヤ・カハヴァッテ:コスティア・ウルマン
マックス:ヤコブ・マッチェンツ
ラウラ:アンナ・マリア・ミューエ
クラインシュミット:ヨハン・フォン・ビューロー

映画「5パーセントの奇跡 〜嘘からはじまる素敵な人生〜」あらすじとネタバレ

大学生のサリヤ・カハヴァツテ、サリーは、明るく前向きな優等生。

レストランのアルバイトでは、上司から褒められて、学業も優秀。順風満帆な学生生活を送っていた。

ある日突然、視界にモヤが出るようになりすぐさま病院へ。

そこで、先天性疾患が判明し、合併症によって急激網膜剥離が起こったという。

このままでは失明してしまうと医師から告げられた。

サリーは、緊急手術をするも95%の視力を失った。

サリーは将来のために残り僅かな学校生活を全うし、卒業試験を経てホテルで研修し働くことを希望していた。

父親は反対し今すぐにでも盲目学校に行くことを勧める。

それでもサリーは父の意見に耳を傾けず、自分の夢のために必死でオリジナルの勉強法を見つけては教科書をまる覚えて、高校の卒業試験を見事に合格したのだった。

障害を隠した就職活動

就職活動を始めるサリー。

サリーは、一流ホテルのレストランで働くのが夢だったが、履歴書を何社へも送るが全て不採用。

理由は目の障害で、一流ホテルにとって障害者の採用は皆無だった。

周りからは、夢を見るのは諦めなさいと言われる始末。

それでも諦めないサリーは、目の障害を隠してドイツのミュンヘンにある5つ星ホテルに履歴書を送る。

運良く、面接のチャンスを与えられたサリーは、母と姉に見送られてサリーは人事部長と面談することになった。

面談中はホテル内を歩きながらホテルの説明を受けるも、サリーはなんとかうまくやりぬけて、ホテル研修のチャンスをゲットしたのだった。

どんどん増える仲間たち

早速、研修が始まるが、シーツの畳み方の見本を見せられるも、分からないサリー。

同期のマックスがサリーの変な動きに気づき、サリーに真相を聞いた。

サリーは仕方なくマックスに秘密を話すと、彼はサリーに全面協力してくれた。

マックスはとてもお調子者で、誰とでも寝たりするプレイボーイだ。

マックスが遊んでいるのをサリーが匿ったりして、お互いを助け、支え合う二人。

そしてサリーは目の障害を隠して研修を必死にこなしていくのだった。

厨房の研修で、サリーはスライサーで指を切ってしまった。

厳しいと有名の料理長に呼び出され、「本当のことを話すか、辞めるか、どちらか選べ」と聞かれるサリーは、本当のことを話した。

料理長は、少し考えた後サリーのサポートをしてスライサーの使い方を詳しく丁寧に教えた。

ハウスキーピング、厨房、受付の研修が終わり、最後は1番難しいラウンジレストランの研修。

まずは、バーテンダーとしてカクテルを作る。微量の差で味が変わる繊細な世界。

マックスは父が経営するレストランの鍵を開けて、研修後の夜にサリーと2人でバーテンダーの練習をした。

サリーも使える記憶力を全力で使い、カクテルのレシピを頭と身体で覚えていく。

マックスのおかげで、ラウンジレストラン研修初日は無事におわった。

サリーは研修中に恋もしていて、相手は厨房に食材を配送しているラウラだった。

研修だけでなく、恋愛面もマックスから協力を得て、バーテンダーの練習をしたお店でラウラと初のディナーデートを過ごす。

最初のデートは、目に障害があることを内緒にしてデートを楽しんだサリー。

帰り際には、次のデートの約束もして順調におわった。

厳しい研修が続くも、次の日曜日はラウラとのデートが待っていた。

デート当日は、ラウラの子供オスカーも一緒に楽しく1日を過ごすのだった。

視界は悪くても、限界が見えるサリー

その頃、実家の家族は危機に晒されていた。

父が女を作って、財産と共に逃亡。

母の精神も不安定に、家庭の経済状況を心配せざる終えない状況に面した。

ホテル研修は忙しく、デートでは5歳児オスカーの相手、体力と精神力も限界すれすれの状態に。

サリーは薬物に手を出すようになっていた。

ある日、ラウラとの公園デート中、ラウラは急用でオスカーをサリー1人に任せてその場を離れた。

サリーの電話に着信が入ると、相手はマックスだった。

その日は、大事なレストランのウェデングパーティーがあることをすっかり忘れていたサリー。

焦りに包まれる中、オスカーを見失ってしまったことに気付く。

オスカーを探したくても名前を呼ぶくらいしかできないサリーは混乱した。

ラウラが戻り、無事にオスカーを見つけるも、ラウラは子守ができなかったサリーを叱る。

サリーは、「目が普通の人の5%しか見えないんだ!」と反論してしまった。

ラウラは、大事なことを隠していたサリーに呆れてその場を去ってしまった。

気を取り直して、大急ぎでホテルに向かうサリー。

ユニフォームを着て、マックスからの指示を聞きレストランラウンジに立ち入ったが、サリーは薬物を服用してハイになっていた。

うまく集中できないことから、シャンパンを運んでいる最中につまづいて転倒、その後にはウェデングケーキに身体ごと突っ込んでパーティーを台無しにしてしまう大失態を犯した。

教官のクラインシュミットはサリーをその場で叱ると、サリーは目に障害があることを告白してしまった。

夢を諦めるサリー

厨房研修といった他の研修は続くも、精神面に限界が来ていたサリーは、薬の量も増えフラフラに。

クラブで酒と薬に溺れた夜、サリーは階段を踏み外して転落。怪我をして入院してしまった。

見舞いに来た妹やマックスの前で「障害には勝てない。」と初めて弱音を吐いたサリー。

サリーはホテル業を辞めて、目に障害者がある人を全面的に受け入れている仕事先を探すことにした。

すぐにサリーは市内最大の企業で職業案内を受けるも「やっぱり、ここじゃない。」と感じるのだった。

マックスは落ち込むサリーを見て、サリーをサイクリングに連れ出した。

たとえ5%の視力でも、マックスはサイクリングを楽しめることを知っていた。

それはいつも不可能を可能にする力がサリーにあると信じていたから。

マックスが少し手を貸せば、どんな困難も楽しめて乗り越えられるということをマックスはサリーと再確認したかったのだ。

マックスの道案内でサリーはサイクリングをする。

心も体もスッキリしたサリー。

ホテルで働くことを諦め、このまま逃げようとしていたサリーの心の中に決意が生まれた。

それはホテルの研修修了試験を受験することだった。

翌日、教官のクラインシュミットと人事部長に障害を隠していたお詫びと、修了試験受験のチャンスをもらえるよう頼んだサリー。

研修仲間やホテル従業員からも、サリーにチャンスを与えてくださいと頼まれたクラインシュミットは、しぶしぶ修了試験の受験を許した。

修了試験、大きく開いた夢

マックスは父の店を使って、サリーの修了試験練習と特訓に夜な夜な付き合った。

そして修了試験の日が来た。内容は筆記、質疑応答、実技はテーブルメイクキングだった。

サリーは大事な実技のテーブルメイキングで失態を犯し、その場にいた全員の頭の中に彼の不合格が過ぎる。

しかし、その他の点数が高得点だったことから、テーブルメイキングの失点は賄えると合格を言い渡したのは、研修中いつも厳しくサリーに当たっていたあのクラインシュミットだった。

晴れて、サリーもマックスも合格。

クラインシュミットから激励の言葉をもらい、レストランに来ないか?と誘われるサリー。

しかし、この誘いにサリーは断った。

なんと、彼はマックスと2人でレストランを経営する新たな夢を見つけたのだった。

その後、スリランカ語のあいさつ言葉、AYUAOWAN(アユボワン)という名のレストランをオープン。

最高の仲間に囲まれて、幸せに包まれるサリー。サリーの隣にはラウラの姿もあった。

スポンサーリンク

映画「5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜」を見た感想と考察

映画「5パーセントの奇跡」は、スリランカ人の大学生が夢を叶えるため、95%の視力を失っている障害を隠して、憧れの5つ星一流ホテルのホテルマンになる夢に挑んだ実話を元に描かれた感動のストーリーです。

仲間に助けられ、障害を乗り越えて明るく前向きな主人公のヒューマンドラマです。

サリーの姿に、誰もが胸を打たれます

夢に向かって常に全身全霊で挑むサリー。

転んでも、転んでも起き上がり、映画の冒頭にも出てくる仏教の教え「幸福への道はない、道が幸福なのだ」という言葉を信じている青年だけあって非常にタフで前向きです。

どんなに回りから批判されようと、そこにはあまり焦点を当てずに、常に今の自分にできることを探しているサリー。

そんな彼だからこそ、周りの人は胸を打たれ快く彼に手を差し伸べたのでしょう。

そしてこれが普通の映画なら、ただ献身的にサリーをサポートをする優秀な仲間たちで終わるのが王道ですが、サリーの場合は高確率で周りのサポートもしているところがおもしろいです。

お互いに助け合い支え合うことで、爽やかな仲間意志が芽生え、観ていて心が晴れ晴れとした気持ちにになれます。

飽きないテンポと演出

全体的に軽快な音楽が流れ、鑑賞中もどんな困難がサリーに訪れようとそれほど重たくならずに観ていられます。

また、劇中至る箇所で、サリーがいつも観ているボヤボヤの視界になったり、発達した聴覚で聞く周りの騒音など、サリー目線で描かれるシーンが登場します。

この演出は、サリーの苦労が少しでも濃く、共感できる効果が出ています。

この不鮮明な視界を手掛かりに、彼が一体どれくらい不便な日常生活を送り、その中で細かく丁寧な仕事をしているかと想像するだけで、本当にサリーは不可能を奇跡に変えていることが重々理解できます。

映画「5パーセントの奇跡〜嘘から始まる素敵な人生〜」を見た評価とまとめ

95%の視力を失っても夢を諦めないサリー、これが実話ということに本当に驚きです。

自分と置き換えて観たときに、サリーの勇気と意識の高さに、ただただ脱帽です。

いくら周りのサポートがあったからといっても、サリー自身が一歩を出し進み続けなければ、この物語は始まっていません。

どうしても、仲間との助け合いの素晴らしさに目が行きがちですが、サリーの素晴らしい人間性を全面的に讃えても過言ではないほど、彼一人の姿に感銘を受けます。

誰もがこの映画でハッピーな気持ちになれるのは間違いなく、おすすめの一本です!

スポンサーリンク

おすすめの記事