「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」は、アイアンマンのハッピー役でも有名なジョン・ファヴローが、製作・監督・脚本・主演の4役を務めたヒューマンドラマです。

オーナーと喧嘩をしてクビになった一流シェフが、フードトラックでサンドイッチを販売する事に…。また、フードドラックを始めたことがきっかけで、息子との関係にも変化が…。

映画を見るだけでお腹が空いていくる「飯テロ作品」のあらすじや感想をどこよりも詳しく紹介します。

映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」の作品情報

【公開日】
2015年2月28日(日本)

【上映時間】
115分

【監督】
ジョン・ファヴロー

【脚本】
ジョン・ファヴロー

【出演者】
カール・キャスパー:ジョン・ファヴロー
イネズ:ソフィア・ベルガラ
マーティン:ジョン・レグイザモ
モリー:スカーレット・ヨハンソン
ラムジー:オリヴァー・プラット
トニー:ボビー・カナヴェイル
パーシー:エムジェイ・アンソニー
リーバ:ダスティン・ホフマン
マーヴィン:ロバート・ダウニーJr.

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のネタバレあらすじ

カール・キャスパーは、若かりし頃から名を馳せ、他のレストランからもヘッドハンティングが来るほどの一流のシェフです。そして、現在は、ロサンゼルスにある高級フランス料理店「ガロワーズ」で、料理長を務めています。

また、カールは、10歳になる息子パーシーの父親でもある。

ただ、数年前に妻のイネズと離婚をしたカールは、パーシーと離れて暮らしてた。

パーシーは、料理をしている父のことが好きで尊敬をしているが、料理のことで頭がいっぱいのカールは、パーシーの気持ち全く気が付いていません。そして、パーシー自身もその事に少し寂しさを感じていました。

レストランに人気批評家ラムジーが来店

そんなある日、そんな彼が料理長を務める店に有名な批評家ラムジー・ミッシェルが来店する事になった。

ラムジー・ミッシェルの来店にはりきるカールは、今までお店に出していたクラシックなフランス料理ではなく、自分が創作したモダンフレンチ勝負をしようと新メニューの開発にいそしむ。

しかし、お店のオーナーのリーバが厨房に現れ、カールが開発した新メニューではなく、お店の定番料理を出す事を強要する。

メニューや厨房に関する事は一切口を出さないとオーナーと約束をして契約をしていたカールですが、オーナーに説得され、仕方なくお店の定番料理で勝負をすることに…。。

しかし、この決断が裏目に出てしまいます。

お店の定番料理を食べたラムジーは自身のブログに、

「客に媚を売る料理」

「時代遅れのフォンダン・ショコラは、カール・キャスパーの凋落を象徴する料理だ。」
などと、酷評されてしまいます。

翌日、プライドを傷つけられたカールは、新作メニューの開発していると、同僚のトニーやマーティンに、「ツイッターの事は気にするな。」と、慰めされる。

料理一筋でツイッターの事は一切知らなかったカールは、息子のパーシーに教えてもらいツイッターを確認すると、カールの事を酷評したラムジーの記事がツイッター上に拡散されていた。

ネット上に溢れるラムジーの記事を見て頭に来たカールは、ツイッターでカールに、「新作のメニューを食べに来い!」と、喧嘩を売る。

批評家ラムジーの2度目の来店

ツイッター上での公開バトルの影響もあり、ラムジーが来店する日のお店は大繁盛。

カールも厨房でラムジーに提供をする新作メニューの準備を進めていましたが、オーナーは再び定番メニューを出すように命令をする。

厨房で言い争いになるカールとリーバ。

「キッチンやメニューに関する事には口を出さない。」と言う契約時の約束をなかったことにされたカールは、エプロンを置いて店を出ていく。

そんな中、批評家ラムジーが再びお店にやってくる。

カールの新作メニューを食べれると思って楽しみにしていたラムジーですが、前回と同じ料理が提供されて苦笑い…。

そして、事情を知らないラムジーは、「敵前逃亡をした」とカールを再び酷評。

オーナーから首を言い渡されて自宅にいたカールは、ラムジーの酷評を見て、お店に乗り混む。そして、他のお客さんの目の前で大げんかに…。

その喧嘩の様子は、お店にいたお客さんに撮影され、Youtubeやツイッターにアップされてしまいまいネット上で笑いものにされてしまうのでした。

失意のどん底の中マイアミへ…

仕事もプライドも失って失意のどん底にいるカールは、離婚をした元妻のイネズから、息子のパーシーと3人でマイアミへ旅行へいかないかと提案される。

マイアミは、息子のパーシーが生まれた町で、カールが料理人にもなった思い出の街です。

最初は乗り気では無かったカールですが、しぶしぶイネズの提案を受け入れてマイアミに…。

マイアミでミュージシャンをしているイネズの父のライブを鑑賞するなど、マイアミ旅行を楽しむ3人ですが、カールは偶然立ち寄ったレストランで絶品のキューバサンドに出会います。

そして、キューバサンドを提供するフードトラックを思いつく。

フードトラックの開店

フードトラックの開店を思いついたカールは、建築機材レンタル業を営んでいるイネズの元夫のマーヴィンを訪れる。

ネットで話題になっているカールの大ファンだったマーヴィンはカールのフードトラックに出資を申し出て、一台のトラックを提供する。

マーヴィンから貰ったフードトラックは古くてボロボロでしたが、カールは、息子パーシーと一緒に掃除に取り掛かります。

必要ないキッチン道具や機材をすべて捨てて、洗浄ブラシとホースで車内を徹底的にキレイにする2人。

掃除が終わると、キューバサンドを作るのに必要な両面焼きのオーブントースターやフライヤーなどの機材を調達しにいきます。そして、買い物の途中、カールは息子のパーシーに一本のシェフナイフをプレゼントします。

また、ロサンゼルスのレストランで一緒に働いていた同僚のマーティンも駆けつけ、フードトラックでのサンドウィッチ店を手伝ってくれることに…。

掃除や機器の搬入が終わり、どうにかフードトラックの開店準備が整ったカールとマーティンは、運転をしながらロサンゼルスに戻ることにする。また、夏休みだったパーシーも、イズネの許可が出たこもあり、この旅に一緒に連れていって貰えることとなった。

各地で話題になるカールのフードトラック

マイアミからロサンゼルスまでの旅を開始した3人ですが、カールのフードトラックは、向かう先々で大行列ができるほどの大人気。

元々、例の騒動でカールがネット上で話題になっていたこともありますが、パーシーのツイッターなどのSNSを活用した集客も、お店の大繁盛に一役買っていました。そんなパーシーに対し、カールは、「お店のマーケティング部長だ!」と大絶賛。

また、今回のフードトラックの旅を通じて、今まですれ違っていたカールとパーシーの親子の関係にも変化が…。

ただ、そんな旅も終わりが近づいていきます。

「今回の旅が終わっても、学校が始まっても週末や放課後だけでもフードトラックを手伝いたい。」

と言うパーシーに対し、父親のカールは、旅の終わりと現実に戻らなければいけないことを伝える。そして、ロサンゼルスに到着後、パーシーを家に送り届け、カールとパーシーの旅は終わりを告げるのでした。

帰宅後、カールは、パーシーから送られてきたフードトラックの旅のビデオ動画をスマホで見てみると、3人の楽しい様子が映しだされていました。

パーシーとの楽しかった日々を思い出したカールに、「週末と放課後に、フードトラックを手伝ってくれ」と、電話でお願いをして、また一緒に働き始めるのでした。

意外な来訪者

ある日、フードトラックのお店も批評家のラムジーが訪れます。

一緒にフードトラックで働いていた元嫁のイネズは、「とっとと帰って!」とラムジーを追い返そうとします。

しかし、そんなラムジーを制してカールは、今一度ラムジーと話をする事に…。

実はラムジーは知り合いに頼んで、カールのサンドウィッチを食べていたのです。

そして、「カールの作ったサンドウィッチは、めちゃくてウマくて、感動した!」と言いにきたのです。

また、ラムジーは自分のブログを売ったお金でお店を購入した事を伝え、カールに「好きに改築して、好きな料理を作ってくれ!」と、出資を提案する。

そして、6か月後…

カールは、「エル・ヘフェ」という一軒の小さなレストランを構えてた。
そして、店内には、あのフードトラックのミニカーも…。

そして、貸し切りとなっていたレストランでは、カールとイネズの再婚を祝うパーティーが催されていたのだった。

映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を見た感想と評価

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」は、名声を得ていた老舗フレンチレストランの看板シェフ「カール」がどん底まで落ちて、そこから這い上がっていくヒューマンドラマです。

映画に登場してくる料理がとにかく美味しそう

そんなこの作品の良いスパイスになっているのが、映画に登場する料理たちです。

この映画は料理のシーンの撮影にかなりこだわったそうで、キューバサンドウィッチをはじめ映画に出てくる料理はどれもすごく美味しそうにみえます。空腹時にこの映画を見たら、ヤバいです(笑)飯テロ作品です!

また、主人公のカール役を務めているジョン・ファブロウの手さばきが完璧で、本当の料理人に思えてきます。

料理を題材にした映画作品は数多くありますが、作る過程を含めて、ここまで食材や料理を美味しそうに見せてくれる作品は滅多になく、これはどんな味なんだろう?と想像をかき立てる料理シーンが幸せな気持ちにしてくれます。

それにしても、映画で登場するパンの表面にバターをたっぷりと塗って焼き上げたのキューバサンドウィッチ…一度食べてみたい!

アベンジャーズ ファンにはたまらないキャスティング

また、この映画には、脇役として、アベンジャーズでアイアンマンを務めるロバート・ダウニー・Jr.や、ブラック・ウィドウを演じるスカーレット・ヨハンソンが登場します。

しかも、今回ロバート・ダウニー・Jr.が演じている役柄「マーヴィン」のプレイボーイでちょっと傲慢な感じは、アイアンマンのトニー・スタークっぽさが…。

なので、ロバート・ダウニー・Jr.とジョン・ファブロウがやり取りをしているシーンでは、「おぉぉ~~、アベンジャーズみたい!!!」と、アベンジャーズファンとしては、感動してしまいました。

ロバート・ダウニー・Jr.が出演しているシーンはそれ程多くありませんが、この2つのやりのりのシーンは、アベンジャーズファンにとっては、ヨダレもののシーンとなっていました。

まとめ

アイアンマンのハッピー役で知られるジョン・ファヴローが監督を務めた「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」。

ジョン・ファヴローが『アイアンマン3』の監督のオファーを蹴ってまで製作したという映画だったので期待をしていたのですが、アイアンマンの時とは、全く異なる一面をみたような感じが…。

もしかしたら、ジョン・ファヴローが本当に作りたかった映画はこのような作品だったのかもしれません。

音楽に人々にフードにこの上なくハッピーな気分にしてくれる多幸感溢れる作品をのんびりと楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事