映画「イン・ハー・シューズ」は「L.Aコンフィデンシャル」や「8Mile」などの監督を務めたカーティス・ハンソン監督の作品。

ある見た目に自身がない姉と容姿端麗だが、すぐに何かとトラブルを起こす妹が自分たちのコンプレックスに立ち向かい自分探しを始める…。

キャメロン・ディアス、ト二・コレット主演でハートフルなヒューマンドラマである。

疲れた時、人生に悩んだ時に、ぜひ見て欲しい。胸がジーンとして涙があふれてくる作品だ。

「イン・ハー・シューズ」とは彼女の立場に立って…という意味だそうだ。

それでは、映画「イン・ハー・シューズ」のネタバレあらすじや感想考察と評価など、総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

映画「イン・ハー・シューズ」の作品情報

【公開日】
2005年11月12日

【上映時間】
131分

【監督】
カーティス・ハンソン

【脚本】
スザンナ・グラント

【出演者】
マギー・フェラー:キャメロン・ディアス
ローズ・フェラー:トニ・コレット
エラ・ハーシュ:シャーリー・マクレーン
サイモン・スタイン:マーク・フォイアスタイン
エイミー:ブルック・スミス
トッド:アンソン・マウント
ジム・ダンヴァース:リチャード・バージ

映画「イン・ハー・シューズ」のあらすじやネタバレ

完璧なルックスにスタイルの持ち主のマギー、ただ難読症で勉強が全くできない。

その上トラブルメーカーだ。

姉のローズは成績優秀で弁護士のキャリアウーマン、でもルックスに自身がなく、素敵な靴を買っても履かずにしまい込んでいる…。

そんなローズだが、ひょんな事からイケメンの上司と付き合う事に。

自分のベッドで彼氏と寝ていると電話が鳴る。

高校の同窓会に参加していたマギーが酔い潰れているので迎えに来いとの事だ。

迎えに行き実家までマギーを送るが、継母に追い出されてしまう。

本物の母親とは子供の時に死別している2人。

仕方なく自分の家に泊める事に…。

しかし、トラブルばかり起こすマギー、しかも彼氏を寝取られてしまう…怒ったローズはマギーを追い出す。

行き場の無いマギー。

そこで少し前に実家で見つけた母親方の祖母エラの手紙を当てにし、フロリダに住む祖母を訪ねた。

そこでもマギーは何もせずにダラダラしていた。

見兼ねたエラは近くの介護施設での仕事を紹介する。

そこからマギーの人生は変わっていく…。

エラの友達たちと打ち解けていき、施設で出会った元教授から詩を習い難読症も克服できたマギー。

その頃、ローズは会社を辞め、犬の散歩を受け持つ仕事を始めており、元同僚だったサイモンから食事に誘われ、ついには婚約をする。

エラは姉のローズもフロリダに招待する。

エラの元にやって来たローズはマギーの変わり様にビックリする。

マギーは謝罪をして2人は和解する。

そして、ローズの結婚式の日、マギーはローズの為に詩を披露する。

パーティの後、2人は手を握りあってお互いの幸せを願い合う…

「姉ローズと妹マギー」

容姿端麗なマギー・フェラーだが、勉強が全くできず、定職にも就かずにフラフラしていた。

その日は高校の同窓会に参加。

会場で出会った男との情事を楽しんでいた。

その姉ローズはやり手の弁護士でバリバリ働いているが、自分のルックスに自信がない。

しかし、ひょんな事からイケメンの上司ジムと付き合う事に。

そして、その夜、ベッドでジムと就寝していると電話が鳴り、出ると男性からで妹のマギーが同窓会で酔い潰れているので迎えに来いという。

しぶしぶ迎えに行き、マギーを実家に送り届ける。

すると、継母が出て来てマギーを家に入れてくれず、自分の家に泊まらせる事に。

酔っ払ったマギーをソファで寝かせる。

マギーは「ハニーバンを覚えている?一日だけ飼った子犬。あの日は最高に幸せだった」と言い寝息を立てる。

「2人のコンプレックス」

次の日、マギーを一応ジムにも紹介をする。

ローズたちが仕事の間、マギーは家で触るなと言われているアクセサリーなどを物色。

クローゼットを開け、奥に飾ってある沢山の靴を見つけ勝手に履いてみる。

そして、新聞の求人欄でMTVの司会者募集の記事を見つけ、さっそくオーデションに参加しに行く。

マギーはルックスの良さから第一次審査は通過。

二次審査で画面に流れて来る台詞を読むというテストで文章が読めず落選する。

次の日、ローズはマギーの為に履歴書を書いてあげていた。

マギーに前の仕事を聞くが全て長続きしなかったようだ。

前職はアパレルショップで働いていたが割引の計算が出来ず客に怒鳴られて辞めたとの事。

マギーはそんな事より出かけようと言い、着替えを促す。その時ローズの靴たちを出し、履いてないなんて勿体ないと。

ローズは、似合う服は無いし、靴は自分のご褒美の為に買っては飾っていると…。

バーに行き、マギーは男性に色目を使い奢って貰う。

その後、レストランで継母の悪口で盛り上がる2人。

2人は本当の母を子供の時事故で亡くしている。

久しぶりに2人で楽しい時間を過ごすが、ローズが突然、ウェイトレスにここは求人を募集してないかと尋ねる。

それに気分を壊したマギー。ローズは「このまま年を取ってどうするの?」と。

「振り回されるローズ」

次の日マギーは職探しに出かけ、ペットホテルのトリマーの仕事をゲットする。

すると継母から実家にあるマギーの荷物を取りに来いと電話があり実家に行く。

父親は久しぶりにマギーの姿を見て喜ぶ(父親との関係は良好)。

実家を物色していると子供の時急に連絡が取れなくなった母方の祖母エラからの手紙を見つける。

その頃、ローズは彼氏のジムとパートナーとしてシカゴに出張する事に。

そして、ローズは出張に、マギーは初出勤の日。ローズがシカゴに着くと、そこにいたのはジムではなく同僚のサイモンだった。

ローズはがっかりする。

ジムは急用で行けなくなったのだ。

マギーは子犬のシャンプーに苦戦するが、何とか仕事を終える。

外に出ると車がレッカー移動させられており困っていると、2人組の男が声を掛けてきて車の保管場所まで車で連れて行ってあげると。

そして保管場所に着くと、男に襲われそうになる。自分の車に乗り込みそのまま逃げ去る。

ローズが出張から戻ると、部屋は散らかり放題で、ベッドにマギーと知らない子犬がいた。

子犬の事を尋ねると「嫌な事があったから今日は一人になりたくなくて連れて来た」と、ローズは話を聞かず、そのまま仕事に出かけてしまう。

すると自分の車に違反用の車止めが付いているのを目にし、カンカンに怒る。そしてマギーに出て行くようにと怒鳴る。

マギーは荷造りをしていると、家にローズに会いにジムが訪ねて来る。

マギーはジムを誘惑し、家の中に入れる。

ローズが帰ってくるとベッドに2人の姿が…。

ローズは怒り、2人を追い出す。

「祖母エラの元へ」

行く宛の無いマギーはカバンに入れておいた祖母エラからの手紙を頼りにフロリダへ向かう。

駅に着くとエラに連絡を取り、迎えに来てもらう。

着いた所は高齢者住宅だったが、とても開放的な所だった。

マギーは休暇中だと嘘を着く。

エラ宅に着くとレコウィッツさんという友達がおり、軽く挨拶を交わす。部屋に案内されたマギー。

レコウィッツさんはエラに子供がいるとは知らなかったと。

エラは、「今はいない。交通事故で亡くなったの。精神面が健康ではなかった」と。

その頃、ローズは仕事を辞めてしまっていた。

そしてマギーが残していった子犬を散歩している時、ある婦人に声を掛けられた。

子犬の飼い主の知り合いで、ローズをペットホテルの従業員だと思っており、飼い主はまだ旅行中かと尋ねられた。

ローズは咄嗟にフリーの散歩屋ですと答えた。

ローズはペットホテルに行き、この子犬が近所をウロウロしていたと言う。

新しく入った従業員が勝手に連れて行ってしまい困っていたとの事。

そう、子犬はマギーが勝手に職場から連れて来ていたのだった。

ローズはフリーの散歩屋としてお客に宣伝して欲しいと頼む。

「2人の転機」

ローズは犬たちの散歩屋を初めてから、ゆとりある日々を送っていた。

また、出張で一緒になった同僚のサイモンにある日、ばったり会いランチに誘われた。

それからサイモンとデートを重ねていった。

マギーは相変わらず何もしないでダラダラしていた。

そしてある日、家を物色しお金を探していると母親の写真を見つけた。

そしてエラに物色していたのを見つかってしまう。

エラはマギーを責めずに近くの介護施設で働き自分で稼ぐように諭す。

マギーは、なぜ急に会ってくれなくなったのかと聞くと、娘の精神病において、マギーの父親と治療方針の相違から、遠ざけられたとの事だった…。

マギーは介護施設で働く事になり、施設にいる元大学教授に出会った。

本を読んで欲しいと頼まれるが断る。

働き出してから、ぎこちなかったマギーとエラの距離も縮まっていく…。

マギーはいつもの様に教授の世話をしていると、詩集を読んでくれと頼まれ、しぶしぶ読み出すが上手く読めない。

教授は難読症と気付き、ゆっくり読めば良いと助言する。マギーは言われた通り、ゆっくり読むと、間違えずに読めたのだ。

喜ぶマギー、教授はさらに講義をしているかの様にマギーに詩の内容について質問する。

マギーが自分の考えを述べると、「君は頭が良い。A+だ」と、初めての事にマギーから満面の笑みがこぼれる。

ローズはサイモンからプロポーズをされ結婚する事に、しかし一番に伝えたいマギーがいない。

マギーと喧嘩別れしてから電話を掛けているが繋がらない。そして、マギーもローズがいない事に寂しく思い、謝罪の手紙を書こうとしていたが書けずにいた…。

「幸せに向って」

そんな時、エラはマギーの手帳でローズの住所を見て、勝手に手紙を出す。

マギーはエラの友達レコウィッツさんが悩んでいるのを見掛ける。

息子の結婚式に来ていく服で困っているそうだ。

マギーは好みを聞き、服をモールで代わりに選んで買って来てあげる。

レコウィッツさんは大喜びし、その噂は近所のお婆ちゃんたちの耳に入り、マギーはお婆ちゃんたちのファッションアドバイザーに…。

その頃、サイモンはちょっとしたすれ違いから、ローズが何か隠し事をしていると疑い、このままでは結婚できないと…。

ローズはサイモンにマギーの事を話せず隠していた。

それは、マギーの事をサイモンが嫌うのではないかと怖くて言い出せなかったのだ。

そこへ、エラからの手紙が届く。

ローズはすぐにエラに会いにフロリダへ…。

エラの家へ行くとマギーがおり、驚くローズ。

エラはローズとの再会を喜ぶ。

その日の夜、一緒のベッドで寝る2人。

マギーは謝罪をし、ローズもそれを受け入れる。

エラがアルバムを出して来て、懐かしむ3人。

母親の話になり、母は自殺だった事が分かる。

ローズは知っていたがマギーは知らなかった。

それはローズが、小さかったマギーには耐えられないだろうと隠していたのだった。

そんなローズの心遣いに心打たれたマギー。

2人は今までよりも固い絆で結ばれる。

そして、ローズから彼氏ができ婚約したが、ダメかもしれない…と話をされる。

マギーはローズの力になろうと、仲良くなったお婆ちゃんたちに相談する。

皆はローズが妊娠したと嘘をつきサイモンを連れて来ようと提案する。

さっそくローズには内緒でサイモンを呼び出す。

すぐにやって来たサイモンはローズに会い、誤解だと分かる。

ローズは全てを打ち明け、仲直りをする。

「マギーの結婚式」

マギーはいつも通り教授の元へ行き本を読もうとすると、教授はおらずベッドが片づけられていた。

そこへ教授の孫息子が現れ、今朝亡くなった事を知り悲しむ…。

そして、ローズとサイモンの結婚式の準備が着々と進み、マギーはウェディングドレスを選ばせて欲しいと申し出る。

少し心配なローズだったが…

結婚式当日、素敵なドレスで入場するローズ…。

そして、サプライズでマギーが詩の朗読をし、ローズに贈る。

そして、結婚パーティの後、マギーとローズは手を固く握り合いお互いの幸せを願い、ローズはサイモンと去って行く。

それを嬉しそうに見つめるマギー。

映画「イン・ハー・シューズ」の感想と評価

見終わった後、胸がスッと軽くなり、ジーンとしてくる。

頑張れと後押しする映画では無く、自分にピッタリな靴を履いて自分のペースで幸せを見つけるというメッセージが頑張りすぎて疲れた人や落ち込んでいる時に心に響いてくる素敵な映画。

マギーとローズが楽しみを見つけてからの外見の変化が面白い。

「女子にはたまらない!素敵な靴たち、おしゃれな衣装」

この映画の見どころの一つは、所々に映る靴のシーンではジミー・チュウやマーク・ジェイコブスなどの素敵な靴たちが沢山出て来る。

可愛い靴、セクシーな靴、ローズのシューズクローゼットは女子の憧れ。

そして、おしゃれな服も出てくるので注目してほしい!ティーパーティーの場面で、おじいちゃん、おばあちゃんたちがマギーに見立てて貰った、カラフルなドレスを着ているのが、とても素敵だ。

その時のマギーとローズの華やかなラフなワンピースも美しく、可愛い服や華やかな衣装は、見ている気持ちがUPする。

「キャメロン・ディアスの魅力がいっぱい」

主役のマギーを演じるキャメロン・ディアスの魅力がいっぱいの映画だ。

前半のダメダメな時のマギーは色っぽくて悪女っぽいキャメロンで、とってもセクシー、また後半のナチュラルな笑顔いっぱいのキャメロンはキュートで素敵。

そして、キャメロン・ディアスのスタイルの良さ!!体の半分が足!まさに、眼福だ。

スポンサーリンク

映画「イン・ハー・シューズ」評価とまとめ

心を軽やかにする気持ちの良い映画だ。

美しい靴や可愛い服の数々、映画全体が素敵で元気がない時にふと見たくなり、何回見ても元気を貰える心の処方箋映画である。

今までは派手なメイクをしていたマギーがナチュラルメイクで自然体になっていく所と、ローズは地味な服装だったのが、おしゃれになって華やかな色の服を身に着ける様になっていくのが内面の変化を表して興味深いと感じた。

また、マギーと教授の詩の講義もとても良い、+Aを貰った時のマギーの笑顔が最高に可愛い!映画の中に出て来る詩も感動的で美しい。

そして衣装や靴たちも素敵!!女性たちには見所が沢山ある映画で、特に姉妹を持つ女性は心に響いてくるのでは…もちろん男性にもおススメ!

さらにキャメロン・ディアスの、どんな靴でも履きこなす美脚がとても羨ましい。

スポンサーリンク

おすすめの記事