800万部突破の世界的ベストセラー小説『ワンダー』の映像化作品!

生まれつき難病を患った少年オギーと、その家族、友人たちの心情を視点を変えながら多面的に語ってゆく心あたたまるドラマ。

どの世代の観客にも親近感を与える多様なキャラクターたちと丁寧な描写が見所。

必要なのは、正しくあることよりも優しくあること・・・きっとあなたの価値観が変わる、必見の1本です。

そこで今回はワンダー君は太陽のネタバレあらすじと感想考察や評価など、総合的な情報を解説していきます。

スポンサーリンク

映画「ワンダー 君は太陽」の作品情報

【公開日】
2018年6月15日(日本)

【上映時間】
113分

【監督】
スティーブン・チョボスキー

【製作】
デヴィッド・ホバーマン
トッド・リーバーマン

【脚本】
ジャック・ソーン
スティーヴン・コンラッド
スティーブン・チョボスキー

【原作】
R・J・パラシオ『ワンダー』

【出演者】
ジェイコブ・トレンブレイ(オーガスト・プルマン)
ジュリア・ロバーツ(イザベル・プルマン)
オーウェン・ウィルソン(ネート・プルマン)
マンディ・パティンキン(トゥシュマン校長)
イザベラ・ヴィドヴィッチ(オリヴィア・プルマン)
ダニエル・ローズ・ラッセル(ミランダ)
ナジ・ジーター(ジャスティン)
ノア・ジュープ(ジャック・ウィル)
ミリー・デイヴィス(サマー)
ブライス・ガイザー(ジュリアン)

映画「ワンダー 君は太陽」のネタバレとあらすじ

顔に傷のあるオギー10歳、はじめての登校

オギーは科学とスターウォーズが大好きな10歳の少年。

遺伝子疾患で顔の変形があり、これまでに27回もの手術をうけていました。

幼いゆえの残酷さを持つ小学校の子供たちにオギーが拒絶されることを心配し、父ネートと母イザベルはホームスクールでオギーに教育を与えていました。

しかしいつまでも家に引きこもっているわけにはいかない・・・親子ともに新たな一歩を踏み出し、オギーは初めて小学校に通うことになりました。

はじめてのおためし登校日は、授業のない夏休みの日。

温かくユーモアをもって迎えてくれた校長先生の勧めで、オギーのために登校してきた同級生が校舎案内をしてくれることに。

・高価な服をまとったお金持ちのジュリアン
・子役でショウビジネスの話ばかりのシャーロット
・そしてボロボロの靴をはいたジャック・ウィル

遠慮のない子供たちの物言いに負けじと食いついてゆくオギーでしたが、「自分の顔はモンスターだ」という容姿コンプレックスに心を傷つけていました。

家族は動揺しているオギーに優しく声をかけますが、オギーは新学期から学校に行くと宣言します。

そしてとうとう迎えた登校日。

素顔で登校するオギーを、新しいクラス担任が温かく迎え入れます。

しかしクラスのムードは非情なもので、校舎案内をしてくれた3人もオギーに友達として接することもありません。
帰宅後のオギーは、自分の顔を嘆いて泣くばかりでした。

イザベルはオギーをはげまし、ネートと姉のヴィアもオギーを慰めるのでした。

オギーの周りの人々も、それぞれの不安と葛藤が・・・

オギーの姉、ヴィアは「世界でいちばん手がかからない子供」と母イザベルから呼ばれてきました。

手間も時間もかかるオギーの世話で忙しい両親を困らせることもなく、オギーに優しい姉として過ごしてきました。

この新学期は高校生への進学でヴィアもまた新生活への不安を抱えていましたが、家族にはその不安を伝えません。

高校に登校すると、幼少から親友だったはずのミランダがそっけなくなっていました。

理由もわからないまま親友を失ったヴィアは新学期を心細く過ごしていますが、家族の関心はすべてオギーに注がれておりその不安を話すことすらできません。

なんとなく演劇クラブへ入会したヴィア。

そこで出会ったジャスティンと親しくなったヴィアは、交際をスタートさせます。

オギーの顔をみたジャスティンの反応を心配したヴィアでしたが、ユーモアにあふれるオギーをジャスティンも認めている様子でした。

ヴィアは心の平安をジャスティンに感じはじめていました。

偶然同じ演劇クラブに所属することになり、ヴィアとジャスティンの交際を知ったミランダ。

理由もなくいきなりヴィアに冷たくしたように見えたミランダでしたが、家庭の事情で心のバランスを崩し自分の憧れだったヴィアとの距離の保ち方を見失っていたのでした。

一人っ子で両親が離婚しているミランダにとって、温かい両親に見守られながら障害のある弟を支えるヴィアの存在はカッコイイものでした。

はじめての友達、ジャック・ウィル

緊張しながらも学校生活を続けていたオギー。

あるとき得意な科目の試験を余裕で終えたオギーは自分の回答をジャック・ウィルに見せてあげたことから、2人の距離は急激に親しくなります。

しかしハロウィーンの日、仮装姿のオギーが側にいることを知らなかったジャック・ウィルが、オギーの悪口を言っているのを聞いてしまいます。

あまりのショックに体調を崩し、イザベルはオギーを迎えにいくことに。

ヴィアは母娘の水入らずの1日を過ごしていたはずが、いつも通り母はオギーにとられてしまいました。

それでもその怒りを飲み込み、自分もミランダから避けられていることを話し、友達とうまくいかないのは誰にでもあることだとオギーを励ますヴィアでした。

ジャック・ウィルは強がって悪口を言っていましたが、本心ではすっかりオギーを親友だと思っていました。

最初は怖かった顔は見慣れて、勉強ができてユーモアのあふれたオギーを最高の友達だと認めていたのです。

しかし悪口をオギーに聞かれたことに気づいておらず、オギーが自分を避ける理由がわかりません。

自分からジャック・ウィルを避けて独りぼっちに逆戻りしたオギーでしたが、ランチの時間にクラスメイトのサニーが同じテーブルにやってきます。

サニーが哀れみや義務感ではなく、純粋な友情で声をかけてくれたことを知ったオギーは、なぜジャック・ウィルを避けるようになったかを告白します。

オギーとの仲を戻したいジャック・ウィルはサニーに詰め寄り、オギーが自分を避ける理由を聞き出します。

サニーは小さなヒントを与えただけでしたが、ジャック・ウィルは自分のしてしまったことを自覚し、オギーに謝罪。

ふたりの友情はこれまで以上に固く確かなものとなったのです。

オギーは持ち前の勤勉さで科学の賞をとるなど、学校生活が充実していくのを感じていました。

良い子ちゃんヴィアの抵抗と、意地悪ミランダの勇気

ヴィアの演劇クラスの発表会の日がやってきました。

ミランダは主演、そしてヴィアはミランダの代役でした。

舞台には立たないから、とヴィアは家族に演劇クラブへの所属も伝えてはいませんでした。

オギーで手一杯の家族への、小さな抵抗だったのです。

それでも裏方でも出番がなくてもいいからと、家族全員が発表会にやってきます。

舞台袖からヴィアの家族を見つけたミランダ。

かつて本当の家族かのように親しくしていたヴィアの家族に舞台にあがるヴィアを見せたくなったミランダは、仮病をつかいます。

急遽代役として主演の舞台にあがったヴィア。

家族と、親友ミランダがヴィアの晴れ姿を見届けたのでした。

自力でつかんだ友情、クラスメイトにオギーの人間性が伝わった!

校外学習へとでかけたオギー。

ジャック・ウィルと楽しく探索をしていましたが、オギーをからかおうと上級生に絡まれてしまいます。

オギーをかばったジャック・ウィルは跳ね飛ばされ、オギー自身も抵抗するにはあまりに小さな身体でした。

絶体絶命の2人でしたが、そこに同級生たちがやってきてオギーのために戦ってくれたのです。

これまで素直になれなかったクラスメイトたちも、やはりオギーという人間を少しずつ認めていたのです。

上級生を追い払い、友情を確かめ合う少年たち。

オギーの瞳からは、クラスメイトに受け入れられ心からの友達ができた喜びの涙があふれるのでした。

さまざまな強さがあること、ということ

学期末の修了式、その年の優秀生徒へさまざまな賞の授与が行われていました。

オギーは自分を学校へと導いてくれたイザベルに感謝を伝え、イザベルは「あなたは奇跡の子」と息子を誇ります。

模範となる生徒へ贈られるヘンリー・ビーチャー賞に選ばれたのは、オギーでした。

オギーの存在によって、多くの人々が影響をうけたこと、強くなったことが讃えられ、スタンディングオベーションで祝福されるオギー。

オギーの受賞を心から喜ぶ友人たちと家族に思いを馳せながら、オギーは担任の先生から教わった格言を思い返していました。

「人をいたわれ、みんなも闘っている。相手を知りたかったら、よく見ること。」

スポンサーリンク

映画「ワンダー 君は太陽 」の感想考察と名言

「 難病の少年」が感動の押し付けにならなかった、ある手法とは?

顔が変形した難病の少年が主人公の本作。

映画において病を患った登場人物はかわいそうな存在としての印象を産み、そのかわいそうな存在を受け入れる人々とのハートウォーミングストーリーは感動の押し付けであるとして軽視されることがあります。

本作がそのようなありきたりな感動物語で終わらなかった理由のひとつは、そのストーリー展開にあると言えるでしょう。

病気を患ったオギー本人の視点に加えて、オギーを取り巻く人々の心情が、多様に丁寧に描かれています。

初めて小学校に通う不安に押しつぶされそうなオギー。

家族と自分のキャリアのバランスを取りたい母イザベルの、ひとりの人間としての葛藤。

オギーを受け入れたい義務感が友情へ変わった感情を表現できないジャック・ウィル。

オギーを温かく支えながらも、両親の愛に飢えている不満を飲み込んでいる姉のヴィア。

ヴィアに冷たく当たったように思われた友人オリビアが、あこがれの感情表現につまづいている理由。

物語が進むにつれて、順番に明らかになってゆく登場人物たちの本当の想いが、良い意味で観客の期待を裏切ってゆきます。

優しさに溢れているように見えた姉の不満、意地悪にみえた友達が意地悪になった背景・・・。

物事には多面性があるということ、相手の感情は自分の目に見えている一面だけではないということを教えてくれるのです。

「なぜ僕は醜いの?」という質問への、最良の答えとは?

本作からは、「相手を認める」姿勢を学ぶことができます。

とくに母イザベルが、学校での容赦ない視線に苦しむオギーへ語る言葉は、人として尊敬したくなるものです。

「なぜ僕は醜いの?」

息子にそう聞かれた母は、どのように話して聞かせるべきなのか。

息子の心情も母の心情も想像するだけで心が締め付けられますが、イザベルは息子を慰めるだけでは終わりません。

「ママだからあなたを一番知っている、あなたをよく知れば醜くないってわかるのよ」

顔のせいで友達ができないと嘆くオギーに、イザベルが「そんなことない」と無責任に言うことはありません。

オギーの苦しみに共感した上で、「心は人の未来を示す地図で、顔は人の過去を示す地図なの」と語り掛け、オギーが自分の存在を認めることができるよう導きます。

自己肯定ができずに苦しむ人は多く、新しい環境に身をおく子供や多感なティーンエイジャーはとくに道に迷いやすいもの。

しかし他の人から自分の存在を認めてもらうことができたら、自己肯定へと思考を向ける大きな足掛かりになるのです。

自分を認められない苦しみと、そこからの挽回を図る意思、そして他者を認めてあげたい優しい気持ち。

それぞれのキャラクターの心情、どちらからも多くを学ぶことができます。

スター・ウォーズファンは、人一倍楽しめる!?

NASAのヘルメットがお気に入りで科学や宇宙への興味に溢れるオギー。

そんなサイエンス系男子なオギーのお気に入りの映画は、SFの金字塔「スター・ウォーズ」です。

本作ではオギーのスターウォーズ愛が惜しみなく描かれており、おなじくスター・ウォーズ好きの観客たちもおもわずオギーと一緒に心を躍らせてしまう仕掛けがいっぱい。

父ネートとオギーがライトセーバーでチャンバラをしたり、ハロウィーンにやりたい仮装がボバ・フェットだったり。(オギー、10歳にしてかなり通なチョイス!)

学校で子供たちの好奇心の視線から逃れようと空想のチューバッカを思い描いたり、教室にダース・シディアスも登場しました。

プロデューサーのデヴィッド・ホバーマンがルーカルフィルム社長のキャスリーン・ケネディに直談判して実現したスター・ウォーズネタの数々。

映画から勇気をもらった経験のあるすべての人々にとって、この映画が「自分の物語」になる橋渡しとなる表現方法ですね。

ワンダー君は太陽の名言集

映画「ワンダー君は太陽」は映画の内容は凄く良いですが、それ以外にも名言が多い作品でもあります。

そこで映画の中で心に残る名言集を以下にまとめました。

➀「心はこれからどこに向かうかを示す地図で、顔は今まで私たちがどんな道を歩んでくれたかを示している地図」
➁「彼の見た目は変わらない。変えられるのは、我々の見る目」
➂「どんな話にも2面がある。ケンカのきっかけは察しがつく。人を殴るのはよくないが、親友は守るべきものだ。」
➃「心の中を覗けたらみんな普通じゃない」
➄「正しいことをするか、親切なことをするか、どちらか選ぶときには、親切を選べ」
➅「人をいたわれ。みんなも闘っている。相手を知りたかったらやることは1つ。よく見ること」

この他にもワンダー君は太陽は名言が多いので、見た人の心に残るセリフは多いと思います。

映画「 ワンダー 君は太陽」の評価とまとめ

映画「 ワンダー 君は太陽」は数あるハートウォーミング映画のひとつと考えて、見逃している人がいる人も結構いるのかなと思います。

なぜなら私自身もそのような第一印象で、長らく鑑賞を後回しにしていたためです。

しかし、気軽に見るつもりでいたのですが、気づけばすっかり心をもっていかれた映画でした。

「病気の人はかわいそうだから優しくしましょう」ということではなく、人を第一印象で決めつけることの愚かさを実感することができる作品です。

自分の心境や感情がただ1つではないのと同じように、すべての人々には様々な面があります。

そのすべてを知ることは難しいし、知ったからといって物事がうまく進んでいくわけではありません。

しかし、人間は多面的であるということを、知っている人と知らない人には大きな差があります。

前者になることで視界を広げることに価値があるのだと語ってくれるからこそ、この物語は特別なのです。

スポンサーリンク

おすすめの記事