「男と女の不都合な真実」は「キューティ・ブロンド」で大成功したロバート・ルケディック監督の作品。

堅物で超やり手でテレビのプロデューサーのアビーが、口が達者で下品だが男の本音をぶっちゃける人気パーソナリティーのマイクから恋愛指南を受ける大人のラブコメディ。

主人公のアビーを演じるのはキャサリン・ハイグル、海外ドラマ「ロズウェル星の恋人たち」に出演し人気を博し、大人気ドラマ「グレイズ・アナトミー恋の解剖学」でエミー賞を獲得、映画では「幸せになるための27のドレス」など数々のラブコメ映画に出演している。

そして、マイクを演じるのはジェラード・バドラー、映画「オペラ座の怪人」でファントム役を演じ美声を披露し知名度を上げ、その後「300スリーハンドレッド」、「PS.アイラブ・ユー」などラブコメからアクションものまでこなすマルチ俳優。

下ネタ満載で贈る、不器用な大人の男女の恋愛ハウ・トゥー・ムービー。

それでは、映画「男と女の不都合な真実」のネタバレあらすじや感想考察と評価など、総合的な情報をお届けします。

スポンサーリンク

映画「男と女の不都合な真実」の作品情報

【公開日】
2009年9月18日

【上映時間】
95分

【監督】
ロバート・ルケティック

【脚本】
ニコール・イーストマン
カレン・マックラー・ラッツ
キルステン・スミス

【出演者】
アビー:キャサリン・ハイグル
マイク:ジェラルド・バドラー
コリン:エリック・ウィンター
ラリー:ジョン・マイケル・ヒギンズ
スチュアート:ニック・サーシー
ジム:ケヴィン・コネリー
ジョージア:シェリル・ハインズ
ジョーイ:ブリー・ターナー

映画「男と女の不都合な真実」のあらすじやネタバレ

情報番組を受け持っている、やり手プロデューサーのアビーは美人で優秀だが、仕切りたがり屋で求める男性の理想は高く中々恋人ができない。

ある日、アビーの番組に男女の恋愛コーナーのコメンテーターとしてマイクを雇ったと上司から聞かされる、下ネタオンパレード、本音をぶちまけ下品な持論を展開する男でアビーの印象は最悪。

しかし、イケメンな隣人をゲットする為、アビーはマイクから恋愛指南を受ける事に、これが思いの他上手く行くが…。

アビーは理想の男性を見事にゲットできるのか…。ドタバタラブコメディー。

完全無欠のアビー

アビーは美人でやり手のテレビプロデューサー、優秀だが、理想が高く、隙が無い、そのおかげで中々彼氏が出来ず、男性とデートしても仕切り屋の性格が災いし、いつも上手く行かない。

ある日、友人に紹介された男性とのデートに失敗し帰って来て、何気にテレビを見ていると、ある番組の恋愛相談でパーソナリティーのマイク・チャドウェイが視聴者からの電話相談に応えていた。

下ネタだらけの下品で身も蓋もない男の本音をズバズバ言うマイクを、アビーは不快に思い、思わず電話相談に電話してしまう…電話が繋がり、マイクに反論し自分の男性のタイプを言うが、彼氏がいない事がバレてしまい、挙句の果てに「君はブサイクだろ」とコケ落とされる。

次の日、会社に行くと上司からアビーの番組に新しいコメンテーターを雇ったと、なんとマイクを紹介される。

上司は番組の視聴率が下がっているのを打破する為に、男女の恋愛を指南するコーナーを作り、そこにパーソナリティーとしてマイクを投入すると言い、アビーは番組が低俗化すると反対するが認められず。

アビーの元にマイクが挨拶にやって来る、アビーは昨日の生電話の相手は自分だと言うと、全然ブスじゃないと、そこは撤回するが、下品さは相変わらず。

仕方なく一緒に仕事する事になったアビーとマイク、マイクは禁止用語連発のエロトークで番組を引っ掻き回し、アビーは嫌悪感を覚えるが番組の視聴率は上がった。

マイクは私生活では、自分の持論通り、特定の恋人などもおらず、色んな女性と奔放なお気軽な恋愛を楽しんでいた。

イケメンの隣人

そんなある日、アビーが家に帰ると、飼っているネコが水槽の中の金魚を食べてしまい、叱ろうとすると、そのまま外に逃げ出し家の前の木に登ってしまった。

アビーも追いかけ木に登ってネコを捕まえると、たまたま隣の家の中が見え、バスタオル姿のイケメンの男性が…アビーが見惚れていると枝が折れ逆さ釣りになってしまい、アビーの叫び声を聞いた隣人のイケメンが助けに来てくれた。

イケメンの男性はコリンと言い、最近引っ越してきたばかりで整形外科のお医者様、足首を怪我したアビーの手当てもしてくれ名刺をくれた。

仕事では相変わらず、マイクのコーナーは過激さを増していくが視聴率はメキメキ上がって行くが、アビーはマイクに嫌悪感を抱いているが、マイクは何かとアビーに絡んでくる。

そして、思わず隣人のコリンの事を話してしまう、するとマイクはコリンと付き合える様にアビーに助言をしてあげると言い、それが上手く行けば仲良く仕事しようと、もし上手く行かなければ辞めると言い、アビーは条件を飲む。

マイク式男の落とし方レッスン

マイクはアビーに、仕切ろうとしない事など男の扱い方や、男受けする下着に服に髪型を伝授、そして、セクシーないい女風のアビーが出来上がり。

すると、早速コリンが家を訪ねて来てデートに誘われ喜ぶアビー。

マイクはアビーのデートにこっそり付いて来て助言を与える、デートは成功しコリンとの仲は上手く行き、アビーとマイクも次第に仲良くなっていく。

ある日、収録現場に小学生ぐらいの男の子が現れ、アビーは慌てて子供番組じゃないのと帰らせようとするが、マイクの甥っ子のジョナだと言う、収録後に甥っ子が女の子にダンスに誘われたと相談していて、マイクが真面目にアドバイスしているのが微笑ましく笑顔になるアビー。

その後アビーはマイクに、コリンにまたデートに誘われたけど、セックスはどのくらい待った方が良いかとアドバイスを求める。

セックスの話の延長線でアビーが自慰をした事が無いという事が判明すると、アビーに絶対にした方が良いと言うマイク、その後、アビーの家にマイクから贈り物が届く、開けて見るとリモコン式の大人のおもちゃだった。

コリンとのデートの日、服もメイクもばっちりでコリンの迎えを待っていると、コリンから少し遅れるとの連絡が…手持ち無沙汰になったアビーは興味本位でマイクがくれた、おもちゃを装着してみる。

すると上司を連れたマイクが訪ねて来る、今日は役員の接待があると言い連絡もしたと、今日はデートがあると断ろうとするが、じゃあコリンも連れて行こうとなりコリンも一緒にレストランに行く事に…アビーは大人のおもちゃを付けたまま…。

レストランに着き、役員たちに挨拶し席に着くアビー、するとカバンの中から、おもちゃのリモコンが落ち、近くにいた子供が拾ってしまうが気づかないアビー、役員たちと今後の番組の事を話していると、子供がリモコンのスイッチを押してしまい様子がおかしくなるアビー、マイクにだけ打ち明けるが、面白がられ笑われる。

興奮しながら変なテンションになるアビーだが、バレずに何とか上手く乗り切り、やっとお開きになる。

近づく2人…

その後もデートを重ね順調なアビーとコリン、そんなアビーが少し気になるマイク…。

マイクの知名度を上げていき、有名なレイト・ショーの番組にゲストとして呼ばれ出演する事になった。

さらに人気が上がって来たマイクに他局から倍のギャラでオファーが来ており、アビーはマイクに他局のオファーを断らせ、うちと3年契約を結ぶように説得しろと上司に言われ、今夜のマイクがゲストとして呼ばれたレイト・ショーに付き添う様にと指示される。

今夜はコリンとのデートだったが、断り仕方なくマイクに付いて行くアビー。

マイクの収録後、2人はホテルのレストランで食事をしながら、他局へ移るのかマイクに尋ねると、甥っ子が必要としてくれていて、そばにいてあげたい、ここを離れたくないから断ったと聞き安心するアビー。

食事の後、マイクがアビーをダンスに誘い、良い雰囲気になるが特に何も無く、お互いの部屋に帰る事に、エレベーターに乗り…火が付いた2人はエレベーターの中でキスをする。

自分の部屋に帰ったアビーは、マイクともう一度キスしたいと思っている自分に驚くが、そこにドアをノックされ、マイクかと思って出てみるとコリンが…コリンはデートが中止になったので会いに来てくれたのだった。

マイクはアビーに本当の気持ちを伝えようと決心してアビーの部屋に行くと、コリンが出てきて驚く、ごまかして帰ろうとする。

自分の部屋へ向かっていると、アビーが追って来てマイクの気持ちを聞こうとするが、素直になれないマイク、コリンとの仲を応援すると。

部屋に戻ったアビーはコリンに、本当は仕切りたがりで、今までの自分は本当では無く、男受けが良い自分を演じていたと、ぶちまけ別れを言う。

本当の気持ち

次の日、アビーが出勤すると上司からマイクが辞めて他局に移った事を聞かされ、怒ったアビーはマイクの代役を探す。

マイクの代役を雇いアビーは気球大会の中継に向かう、そこで、たまたま同じ取材に来ていたマイク。

生放送の中継が始まると代役は使えず、急きょアビーが気球に飛び乗りレポーターを変わる事に、中継中に思わずマイクへの不満をぶちまける。

それを聞いていたマイクがアビーの元へ行き、気球へ乗り込み口論を始める2人、中継は生放送されており、しかも2人が乗った気球は空へと昇って行く。

上空でも言い争いお互いの本音をぶちまける、そしてマイクはついにアビーに愛していると伝え、お互い愛し合っている事を確信し結ばれる2人…。

スポンサーリンク

映画「男と女の不都合な真実」の評価と考察

面白い!

第一印象は最悪でも段々仲良くなって、ちゃんと最後はハッピーエンドと王道のラブコメディで安心して見られ、そこにスパイスとして下ネタが入っていて面白くてガハガハ笑いながら、かるーく楽しめる。

マイクの手ほどきで服装が変わってきて、キリッとしたキャリアウーマンから、いい女風のアビーに変身するシーンのキャサリン・ハイグルはとてもセクシーで美しく、コリンの言葉に大喜びするシーンはとびっきりカワイイ。

そして、2人とも中々素直になれない所が、もどかしいけど可愛らしく見えて好感を持てる、やっと前進してエレベーターのキスをするシーンは、とても面白い。

けっこうなガッツリの下ネタが入っているが、下品さは無く女性が楽しめる作品、極端だけど男の本音もズバズバ出るので男性にもおススメ。

マイクの恋愛レッスン

作中のマイクの男を落とす為にアビーに伝授したテクニックが面白かったので一部を紹介していきたい。

ルール
①男に説教はするな:男は成長や変化や進化が苦手

②彼氏の話には笑え:ウソでも男は信じる

③男は見た目に弱い:男が寝たいと思う服を

④悩みを相談するな:男は聞いていない

爆笑シーン

この映画は終始笑えるシーンがいっぱいで、アビーが隣人コリンと出会うシーンで木に逆さ吊りになってしまうところや、かなりの下ネタだが爆笑もののアビーが大人のおもちゃを装着したままレストランに行ってしまい、おもちゃのスイッチが入ってしまうシーンはアビーの反応が面白くて、出る言葉が全部下ネタに聞こえてしまう。

他にも、枯れていた結婚生活がマイクのおかげで情熱に火が付いたキャスター夫婦が、収録が終わると毎回すぐに誘い合うシーンや、ラストの2人が気球に乗りながら口論するシーンの一緒に気球に乗っていたインストラクターのおじさんのリアクションなどクスッと笑えるところが沢山ある。

映画「男と女の不都合な真実」の感想とまとめ

とにかく何も考えずに、力を抜いて笑える映画。

人気俳優のキャサリン・ハイグルとジェラルド・バドラーの大人の恋愛指南ムービー。

現実にマイクのあそこまでオープンな恋愛相談番組があれば見てみたいし、アビーの様にマイクに男性の落とし方レッスンを受けてみたいかも(笑)

マイクまではとはいかなくても、自分の恋愛スタンスやセックスに関してオープンな感じはザ・アメリカン(勝手なイメージですが)って感じがして楽しそうで良いなぁと思ってしまう。

クスッと笑えたり、爆笑できたり終始笑いが絶えず、エッチだけど爽快で楽しい作品、軽く何か映画が見たいなぁと思った時はおススメ!多いに笑えるのでストレス解消にも、もちろん大人オンリーで…。

スポンサーリンク

おすすめの記事