「バレンタインデー」は、日本でも有名なゲイリー・マーシャルさんの手掛けるラブストーリー。

この映画は、たくさんの登場人物たちの色々な愛の形が描かれているので、とても人気があります。

この作品では、たくさんの豪華なキャストが出演していて、多くの恋愛が描かれているので見どころがたくさんあります。

花屋のオーナーのリードは、幼馴染の親友ジュリアの彼氏にバレンタインデーの花束を頼まれる。

しかし、リードはジュリアの彼氏のハリソンの秘密を知ってしまい……。

この作品では、10人以上の登場人物たちの人生が絡み合う最高にロマンチックなストーリーになっています。

映画「バレンタインデー」は、ブラッドリー・クーパーさんやテイラー・スウィフトさんやアン・ハサウェイさんやアシュトン・カッチャーさんなどの豪華なキャストが出演している作品です。

そこで今回はバレンタインデーのネタバレあらすじと感想考察や評価など、総合的な情報を解説していきます。

スポンサーリンク

映画「バレンタインデー」の作品情報

【公開日】

2010年2月12日(日本)

【上映時間】

125分

【監督】

ゲイリー・マーシャル

【脚本】

キャサリン・ファゲイト

【出演者】
ジェシカ・アルバ
キャシー・ベイツ
ジェシカ・ビール
ブラッドリー・クーパー
アシュトン・カッチャー
アン・ハサウェイ

「バレンタインデー」のネタバレあらすじ

2月14日バレンタインデー。

街中は、ロマンチックなムードに包まれていました。

リードは、眠っていた恋人のモーリーを起こしプロポーズを。

モーリーは、驚きながらもリードのプロポーズを受け入れ指輪を受け取りました。

その頃テレビキャスターのケルヴィンは、バレンタインデーの特集をするように言われうんざり。

ケルヴィンは、バレンタインデーが大嫌いだったのです。

渋々バレンタインデーのインタビューに出かけたケルヴィンは、花の仕入れに来ていたリードにインタビューをしました。

幸せの絶頂にいたリードは、インタビューで自分の店を宣伝します。

一方でジュリアは、恋人の医者ハリソンと目覚めバレンタインデーを別々に過ごす代わりにハートのおもちゃをプレゼントされました。

ハリソンが仕事なので、渋々バレンタインデーが大嫌いなカーラのパーティーに参加することに。

恋人のジェイソンと目覚めたリズは、甘い時間を楽しんでいましたが、電話が鳴り部屋を飛び出して行きます。

ジェイソンは、飛び出していったリズを不審に思いましたが、彼女を見送りました。

何十年も連れ添った夫婦のエステルとエドガーは、孫のレイニーの元気がなく心配します。

バレンタインデーの注文

ジュリアは、リードに会いに行きプロポーズが成功したことを知り驚きました。

内心ジュリアは、モーリーがプロポーズを受け入れると思っていなかったのです。
ジュリアは、ハリソンの出張先に会いに行くか悩んでいましたが、リードに背中を押されサプライズの計画を立てます。

その後、ハリソンはニュースでリードの店を知りバレンタインデーの花の注文をしに来ました。

ハリソンは、ジュリアともう一人の人物に花の配達を頼んだのです。

リードは、彼が結婚していて子供もいることを知りジュリアに知らせようとします。

その頃飛行機に乗っていた軍人のケイトは、隣の席のホールデンと仲良くなりました。

ケイトは、片道14時間をかけてわずかでもロサンゼルスに住む人物に会いに行くと打ち明けます。

今夜の予定は?

海岸を走っていたアメフト選手のショーンは、今後の活躍がメディアでも注目されていました。

ショーンは、広報担当のカーラに電話をかけメディアの対応に関する相談をします。

エージェントのポーラも呼び、ミーティングをすることに。

ポーラの部下のリズは、彼氏のジェイソンが仕事中に会いに来て「今夜ディナーでもどう?」と誘われ喜びます。

ジェイソンは、リズが朝急いで出て行ったのがバレンタインのデートに誘わなかったせいだと思っていたのです。

その頃学校で授業をしていたジュリアの元へ、花を届けに来たリード。

リードは、ジュリアにハリソンに会いに行くべきではないと真実を伝えようとしますが、浮かれた彼女は全く話を聞かず「彼ができても、これからも私たちの関係は変わらないから安心して」と去ってしまいます。

親友の為

リードは、お昼の休憩の合間に家に戻りモーリーへのプレゼントの準備をしようとしました。

しかし、モーリーは先に帰宅していて荷物をまとめていたのです。

驚いたリードにモーリーは、「私はまだ結婚できる状態じゃないの」と告げ去って行きました。

車で待っていたアルフォンソは、落ち込むリードに「上手くいかないと思っていた」と打ち明けます。

自分に助言をくれなかったアルフォンソに少し怒りながらも、リードはジュリアに自分と同じ思いをさせてはいけないと気づきました。
ジュリアは、ハリソンが出張に行っていると信じ空港へ向かっていてリードは急いで追いかけることに。

リードは、何とかジュリアを見つけ出しハリソンが結婚していることなどを伝えましたが、彼女は飛行機に乗り込んでしまいます。

そのころケルヴィンは、アメフト選手のショーンの情報を知る為にカーラの元へ訪れました。

カーラは、アンチバレンタインのパーティーにジュリアや友達が出席しないことで落ち込んでいて、ケルヴィンに泣きながら「孤独に死ぬのよ」と取り乱します。

ケルヴィンは、なんとか彼女をなだめ情報を聞き出さずに去って行きました。

秘密

エステルとエドガーは、孫のレイニーのベビーシッターに長く夫婦でいられる理由を聞きます。

遠距離になった期間もお互いを思い合ったと語るエドガーでしたが、エステルが立ち上がって別室へ。

追いかけたエドガーは、エステルから離れている間に耐えられず、1度だけ浮気をしたと打ち明けられます。

真実を知ったエドガーは、「今までが全てウソに思える」と出て行ってしまいました。

飛行機の着陸時間が近づき、ホールデンはケイトに「愛する人がいたけれど、敵は自分自身なんだ」と恋人と別れたことを打ち明けます。

そのころハリソンの病院へ到着したジュリアは、看護婦に「彼は結婚してる?」と尋ねると、妻とのレストランの予約時間を教えてもらいました。

一方で会見を開いたショーンは、「今まで諦めていたが結婚もしたい。僕はゲイだ。選手としての活躍は続ける。」と言います。

復讐のハート

妻と待ち合わせてレストランに向かったハリソン。

するとテーブルを担当するのはジュリアだったのです。

驚くハリソンでしたが、ジュリアは嘘つきのハリソンを懲らしめる為にウソの料理の説明をして、朝もらったハートのおもちゃをテーブルに置いて去って行きました。

その様子を見て妻は、ハリソンの浮気に気づきます。

ジュリアは、ハリソンのお金でお土産をもらって帰っていきました。

すれ違い

ジェイソンとデートをするリズでしたが、彼女の携帯が何度も鳴ります。

リズは、席を立って電話をしに向かいました。

そのころロサンゼルスに到着したホールデンは、渋滞で困っているケイトに自分のリムジンを貸して「早く会いに行ってあげて」と言います。

ケイトは感謝し、ホールデンのリムジンを借りることに。

なかなか戻ってこないリズを探しに行ったジェイソンは、彼女がコールガールをしていることを知ってしまいます。

リズは、大学の奨学金を返す為に副業をしていたのです。

ジェイソンは、「僕はド田舎の出身で、そういった仕事を理解できない」とリズの元を去ってしまいます。

アンチバレンタイン

ジェイソンは、お菓子をやけ食いしながら野外の映画を観る為に並んでいました。

すると、チケットを買えず落ち込んでいるエドガーを見つけ一緒に観ることに。

エドガーは、「毎年妻と観ていたんだけど、少しケンカをして」と言います。

その頃アンチバレンタインのパーティー会場でカーラが待ちくたびれていると、ジュリアが現れ「あいつ結婚していたのよ」と不満をぶちまけました。

他にも、デートに失敗した仲間たちが続々と集いパーティーは大盛りあがりします。

すると、その場にケルヴィンも登場し「カーラをデートに誘いたい」と言い出しました。

愛する人

映画を観ていると、エステルが現れエドガーを探しはじめます。

エドガーは、エステルの元へ駆け寄り彼女の謝罪を受け入れキスをしました。

その様子を見た観客たちは拍手を送り、ジェイソンはリズに会いに行く為に走り出します。

ホールデンは、ショーンの家に行き花束を渡しました。

ショーンが会見で暴露したことで、ホールデンは彼の元へ戻ろうと決めたのです。

部屋で泣いていたリズの元へジェイソンがやってきて、「受け入れたいんだ。相手を丸ごと受け入れることを学んだ」と告げます。

ジェイソンの言葉に感動したリズは、かかってきた電話に「今日はバレンタインよ。愛する人と過ごすの」と電話を切りキスをしました。

ハッピーバレンタイン

リードがバレンタインに売れ残った花たちを川に流していると、ジュリアがやってきます。

話をしていた2人は、次第に顔が近づきキスをしました。

しかし、お互いに「妙だな」と言い合い笑います。

カーラとケルヴィンは、デートしてキスを。

眠っていた息子のヘンリーの元へ行った行ったケイトは「大きくなったね」と抱きしめました。

ケイトは、息子に会う為にロサンゼルスに片道14時間かけて帰ってきたのです。

みんなが幸せな時間を過ごすなかモーリーは、ホテルが見つからず一人で歩いていました。

一方で部屋のベッドにいたハリソンの横にも妻の姿は無く、ひとりぼっちに。

リードとジュリアは、「練習しようか」ともう一度キスをします。

スポンサーリンク

映画「バレンタインデー」の感想と考察

映画「バレンタインデー」は、友情や恋人など色々な形のラブストーリーが描かれていました。

キャストが豪華

映画「バレンタインデー」は、出演しているキャストがとにかく豪華です。

それぞれが主人公のようになっていて、徐々に登場人物たちの繋がりが明らかになっていきます。

これほど豪華なキャストたちが集結している映画は少ないので、是非誰が出演しているチェックしてみてくださいね。

可愛い

テイラー・スウィフトさんやアン・ハサウェイさんなどが、恋人と過ごしているシーンなどがとても可愛くなっています。

テイラー・スウィフトさんは、大きなクマを抱えていて彼氏とキスをした後に照れているシーンなどは見逃せないですね。

アン・ハサウェイさんは、彼氏とケンカをした後の仲直りのシーンが可愛くとても見どころです!

ゲイリー・マーシャル好き必見

ゲイリー・マーシャルさんの映画が好きな方は、必見の作品になっています。

映画「プリティー・ウーマン」のヒロインのジュリア・ロバーツさんが、因縁のロデオドライブの前を通り「最悪の体験だったわ」と言っているシーンがエンドロールに収録されていました。

他にも、映画「プリティー・プリンセス」シリーズのアン・ハサウェイさんとヘクター・エリゾンドさんの姿も見どころですね。

映画「バレンタインデー」の評価とまとめ

映画「バレンタインデー」は、色々な登場人物たちのバレンタインデーが映し出されていました。

ハッピーエンドで終わった登場人物もいれば、自業自得の結果を迎えた人も描かれています。

最強のラブストーリー映画「バレンタインデー」。

ストーリーもロマンチックで、展開も多く豪華なキャストの共演なども見逃せませんね。

この作品では、豪華なキャストたちが恋愛などをテーマにそれぞれ奮闘する姿が描かれているので、ハッピーエンドが観たい時や、ラブストーリーを観たい時などに楽しんでみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事