「メン・イン・ブラック2」は、2002年に公開された作品になっています。

この映画は、1997年に公開された映画「メン・イン・ブラック」の続編です。

この作品では、前作に引き続きウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが共演していて、見どころがたくさんあります。

エージェントとして地球の平和を守るJは、あるモノを探すことに。

エイリアンの目的を知ったJは、上司の指示で記憶を決して平和に暮らしているKに会いに行き……。

この作品では、Kの過去の恋愛なども描かれたストーリーになっています。

映画「メン・イン・ブラック2」は、再びエージェントとして活躍するJとKのコンビが見られる作品です。

スポンサーリンク

映画「メン・イン・ブラック2」の作品情報

【公開日】

2002年7月6日(日本)

【上映時間】

88分

【監督】

バリー・ソネンフェルド
 
【脚本】

ロバート・ゴードン
バリー・ファナロ

【出演者】

ウィル・スミス
トミー・リー・ジョーンズ

「メン・イン・ブラック2」のネタバレあらすじや結末やラストシーン

Kの記憶を消した後もエージェントとして活躍しているJ。

しかし、彼はパートナーになった人物を数多くニューラライザーでエージェントとしての記憶を消していたのです。

そんなある日、かつてメン・イン・ブラックが戦ったエイリアンのサーリーナがザルタの光を探しに地球へ来ていました。

サーリーナは、スーパーモデルの姿に変身し手下のスクラッドの元へ。

スクラッドとサーリーナは、ザルタの光の在処を知っているピザ屋の亭主の元へ向かって行きました。

ピザ屋の亭主のベンをサーリーナたちが脅しているのを、従業員のローラが目撃してしまいます。

彼女が声を潜めて隠れていると、サーリーナはザルタの光の居場所を吐けと言いましたが、彼は「手遅れだ。光は明日故郷へ帰るんだ」と答えました。

するとサーリーナは、ベンを殺し別の人物に聞き出そうとスクラッドと一緒に出て行きます。

出会い

そのころメン・イン・ブラックに戻ったJは、Zから新しいパートナーのパグのフランクと事件現場のピザ屋に向かうことになりました。

エージェントになれたことに喜ぶフランクは、上機嫌で歌を歌いJはうんざりします。

ピザ屋に到着したJは、先に来ていたエージェントたちに情報を聞き、ローラに詳しい話を聞きだすことに。

目の前で起こった光景に動揺し混乱していたローラを見たJは、彼女をなだめる為に食事をしながら話を聞きだしました。

Jは、彼女にエイリアンがいると真実を伝え必ず犯人を捕まえると約束し、ニューラライザーを取り出します。

しかしJは、彼女に見つめられ記憶を削除することができませんでした。

今度にすると微笑みながらJは本部に戻り、ゼルタの光に関する情報を探すことに。

再会

するとZは、そのことを知っている人物がいるとすればKだけだと告げます。

Jは、Zの命令でKが働いている郵便局へ行きました。

再会を喜ぶJでしたが、記憶を消されたKは彼を変人扱いし追い返そうとします。

Jは、Kを説得する為に彼と一緒に働いている人間がエイリアンだということを暴き「ここが居心地が良い理由は、郵便局員がみんなエイリアンだからだ」と告げました。

困惑するKは、郵便局を飛び出して行きましたが、Jは「自分が本当は誰かを知りたければ、俺についてこい」と言います。

渋々車に乗り込んだKは、フランクに「最近どうよ?」と言われ驚きました。

Kを本部に連れて行ったJは、彼の記憶を復元しようとします。

しかし、サーリーナがメン・イン・ブラックの本部に潜入しエージェントたちが捕まってしまいました。

本当の自分

本部が非常事態になり、外へ脱出したJは記憶を復元する為に裏取引をしているエイリアンジーブスの元へ。

そのころサーリーナは、エージェントKとJに捕まり恨みのあるエイリアンたちを集めて自分に協力するように提案していました。

記憶を復元装置に座ったKでしたが、気分が悪くなっただけで記憶が戻りませんでした。

Kは、ジーブスの頭をぶっ放して去っていきます。

ジーブスの頭は元に戻り、「バージョンアップが必要なんだ」と言いましたが、Kはそのまま外へ。

すると、サーリーナに協力したエイリアンたちがやってきてJは襲われてしまいます。

しかし、外へ出たKは街の中を歩いているエイリアンたちを見て空を見上げ記憶を取り戻したのです。

ボコボコにされていたJの元へ戻ったKは、彼を助け出し「戦い方を教えたろ」と言います。

惹かれ合う2人

記憶が戻ったKでしたが、ザルタの光のことを覚えておらず「多分、自分の記憶をニューラライズしたんだ」とJに伝えました。

そのころサーリーナは、Zを脅してKを本部へ呼ぶように脅し「私が勝たないと、地球は滅びるわよ」と言います。

Zは、なんとかサーリーナを倒そうとしましたが、結局彼女に敵わず倒されてしまいました。

本部へ戻ろうとしていたJですが、Kはエイリアンが殺されたピザ屋へ向かいます。

Kは、Jがローラの記憶を消さなかったことを知りお説教しましたが、彼女を守る為に2人は謹慎中のワームの元へ連れて行きました。

Jが去ろうとすると、ローラはJにキスをします。

動揺したJは、ローラに眠らないように気を付けてと言って去っていきました。

本当の話

ピザ屋で発見したカギを見つけたKがロッカーを開けると、そこにはエイリアンと時計が入っていたのです。

ビデオ屋のカードと時計を取ったKは、ビデオ屋に向かっていき予約しているビデオがあることを知ります。

そのころサーリーナは、Jを引き渡すことを引き換えにエイリアンに宇宙船を作らせました。

ビデオを再生すると、そこにはザルタの光とサーリーナのことだけでなく、ロラーナ王女のことが描かれていたのです。

ストーリーでは、メン・イン・ブラックはザルタの光を預からずに宇宙へ飛ばしたことになっていましたが、本当はロラーナからKがザルタの光を預かっていました。

全てを思い出したKは、サーリーナに殺されたロラーナのことを思い出し少し悲しくなります。

直接対決

ローラに連絡したJは、彼女にブレスレットを持っているか質問しました。

彼女がしていたブレスレットがザルタの光だったのです。

ローラの元へ戻ったJとKでしたが、ワームたちは襲われローラは連れ去られていました。

本部でサーリーナたちが待っていると知った2人は、昔住んでいたKの部屋に行き武器を集めます。

Jたちが本部に到着すると、待ち構えていたサーリーナたちに出迎えられました。

KとJは、別々に行動することになり「俺の為に戻るんじゃないぞ、J」と告げます。

意味が分からず困惑したJでしたが、彼はローラの元へ向かって行きました。

サーリーナは、Kに「また会えてうれしい」と告げ彼を拘束しようとします。

一方で、Jがローラの元へ向かうと彼に捕らえられたエイリアンが「監獄でこの日が来るのを待っていた」と攻撃し始めました。

ザルタの光の在処

ローラの乗せられたロケットの発射時間が近づき、Jはなんとか彼女を助けだすことに成功します。

Jは、サーリーナに捕らえられているKも助けだしローラと3人である場所へ向かって行きました。

しかし、その背後には再生するサーリーナの姿が。

再生したサーリーナは、3人の後を追いかけ襲撃します。

Jは、機転を利かして地下鉄の巨大なエイリアンの元へサーリーナを誘導し丸飲みさせました。

目的地に到着したJがザルタの光の在処を聞くとKは、「ここだ」と言ってローラを指だします。

混乱するローラでしたが、ザルタ星からの光が降り注ぎました。

復活

悲しむJと見つめ合うローラでしたが、Kは「自分は自分だ。忘れることもあるがね」と微笑みます。

しかし、サーリーナが元のエイリアンの姿で復活しJに襲いかかりました。

Jを心配するローラでしたが、Kに背中を押され船に乗り込み旅だって行きます。

KとJは、ローラを追いかけるサーリーナを銃で撃ち倒しました。

ロラーナ王女と愛し合っていたことを知ったJは、もしかしてKがローラの父親では?と思いましたが、聞くのを辞めます。

本部へ戻ったJとKは、再びコンビとして活躍することに。

ローラが去り落ち込んでいると思ったみんなは、Jを気遣いましたが、彼は大丈夫だとうんざりします。か

スポンサーリンク

映画「メン・イン・ブラック2」の感想や考察

映画「メン・イン・ブラック2」は、JとKのコンビが再会するストーリーが描かれていました。

Kの復活

この作品では、前作でも活躍していたトミー・リー・ジョーンズ演じるKがエージェントとして復活していました。

KとJのやり取りは面白く、前作を観たファンにとっては特に嬉しい展開になっています。

コメディシーンが満載

映画「メン・イン・ブラック2」では、前作よりもコメディシーンが満載になっています。

Jとパグのエイリアンのフランクとのやり取りや、敵のサーリーナなどの面白いシーンも見どころになっていました。

この作品では、Jがエージェントになるずっと前のKのストーリーも描かれています。
Kとエイリアンのロラーナ王女の恋愛なども描かれていて、彼の意外な一面なども楽しめるポイントです。

映画「メン・イン・ブラック2」の評価とまとめ

映画「メン・イン・ブラック2」は、記憶を消したKが再びエージェントに復帰するというストーリーが描かれていました。

アクションやコメディシーンなど、ストーリーに隠されていた伏線も見どころ満載の作品です。

コメディアクション好き必見の映画「メン・イン・ブラック2」。

メン・イン・ブラックのエージェントKとJの再会のシーンや、徐々に記憶を取り戻していくKの姿なども感動的です。

この作品では、KとJの絆やストーリーにも見どころが満載なので、スカッとするような作品を観たい時や、思いっきり笑いたい時などに楽しんでみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事