「シャドウ・ハンター」は、アメリカのファンタジー小説が原作になっていて、アクションシーン満載のストーリーになっています。

ごく普通の高校生が、あることがきっかけで今まで知らなかった世界へ引き込まれていく姿が描かれた作品です。

この作品では、シャドウハンターという妖魔と戦う戦士たちの活躍や壮大なストーリーなどが見どころになっています。

普通の高校生として生活していたクラリー。

クラリーは、気づけば謎のマークを無意識に書いていることが増え不審に感じ……。

この作品では、ごく普通の高校生がシャドウハンターと出会い共に戦うストーリーになっています。

映画「シャドウ・ハンター」は、ドラマ化もされていた人気の作品です。

それでは、映画「シャドウ・ハンター」のネタバレあらすじや感想考察と評価など、総合的な情報をお届けします.

スポンサーリンク

映画「シャドウ・ハンター」の作品情報

【公開日】
2014年4月19日(日本)

【上映時間】
130分

【監督】
ハラルド・ズワルト

【脚本】
ジェシカ・ポスティゴ・パケット

【出演者】
リリー・コリンズ
ジェイミー・キャンベル・バウワー
ロバート・シーハン
ケヴィン・ゼガーズ
レナ・ヘディ

映画「シャドウ・ハンター」のネタバレあらすじ

母親のジョスリンと2人で暮らしているクラリス。

クラリスは、誕生日に幼なじみのサイモンと出かける計画を立てていました。

ジョスリンは、クラリスがしていた落書きを見つけ一緒に帰ってきたルークに紙を見せます。

出かけて行くクラリスに「早く帰ってくるのよ」と言います。

ルークは、ジョスリンに「クラリスに話すべきだ」と言いましたが、「まだ、クラリスには早い」と答え……。

詩の朗読会にクラリスといったサイモン。

クラリスは、そこでまた無意識に同じマークを書いているのに気づき不振に思いました。

帰りにクラブの看板に同じマークがあることに気づき、サイモンを誘って中へ。

クラリスが「あのマークの意味は?」と尋ねているのを聞いた客は、彼女を見つめていました。

サイモンには、そのマークが見えていなかったのです。

彼が飲み物を取りに行っている間にクラリスは、女性たちが男性を殺しているのを見てしまいます。

思わず叫び声をあげたクラリス。

すると男性を殺した女性たちが驚きクラリスの方を見ます。

サイモンは、クラリスが叫び声をあげたことに驚きタクシーに乗せて連れて帰りました。

全ての始まり

母親に話そうとしたクラリスでしたが、ジョスリンが眠っていたので諦めます。

次の日に目覚めると、自分の手が汚れているのに気づき部屋を見渡すと一面に謎のマークを書いていて怖くなりサイモンと会うことに。

「大事な話があるの」と引き留めようとするジョスリンでしたが、クラリスは行ってしまいます。

その後ジョスリンは、クラリスの部屋を見て驚き言葉を無くしました。

クラリスは、サイモンとコーヒーを飲んでいると、昨日バーで見た男性が現れ怯えます。

その男性はサイモンには見えていなかったのです。

家に居たジョスリンは、何者かに襲われ「カップはどこにある?」と脅します。

男性はジェイスという名前で、クラリスの謎のマークを見て「やはりお前はマンデイン(人間)ではないな」と言いました。
話の最中にジョスリンからの電話に出たクラリスは「帰ってこないで。ルークにバレンタインは生きていると伝えて」と言います。

ルークに電話をかけ家に急ぐクラリスでしたが、そのころジョスリンは箱に入っていたモノを飲み気絶してしまいました。

家に帰ったクラリスは、変な生き物に襲われ殺されそうになりましたが、ジェイスがやってきて助けてくれます。

自分を襲ったのが妖魔だと教えられたクラリス。

妖魔は、色々な生き物に乗り移ることができるので、誰も信用するなと忠告されました。

下の階に住んでいるドロシアに話を聞こうとすると、ジェイスが「こいつは魔女だ」と教えます。

ドロシアは2人を追い返そうとしましたが、クラリスに頼まれタロットカードを出しました。

クラリスがカードに手をかざすと、カードが張り付き聖杯が描かれたモノが。

そのカードを見たジェイスは「モータルカップだ。シャドウハンターの宝」と教えました。

シャドウハンター

ドロシアは、クラリスの記憶を見ようとしましたが、何者かによって封じられていると言います。

クラリスを心配して帰ってきたサイモンは、ジェイスの姿を見て「あんな奴と何をしてるんだ」と言いました。

クラリスは、ジェイスとサイモンと一緒に消えた母親を探す為ルークの元へ。

するとルークも何者かによって拷問されていたのです。

ルークは、「モータルカップが欲しくて、あの親子に近づいたんだ」と言い放ちクラリスは絶望します。

取り乱すクラリスにジェイスは、「俺はシャドウハンターだ。命を懸けて君を守る」と言いました。

サイモンは妖魔が見えないので、ジェイスのことを怪しみクラリスに同行します。

シャドウハンターたちが暮らす屋敷に案内されたクラリスとサイモン。

クラリスは、妖魔に噛まれた傷のせいで意識を失いましたが、ジェイスがルーン文字を入れ傷を治したのです。

ルーン文字は、人間には効かず色々な効果がありました。

責任者のホッジの元へ案内されたクラリスは、モータルカップがないとシャドウハンターは絶滅すると言われます。

ジェイスの仲間のアレクは、クラリスのことをよそ者と言い邪険に扱いました。

ホッジは、ジョスリンは最高のシャドウハンターだとクラリスに教えシャドウハンターが天使と人間のハーフにしかなれないと教えます。

バレンタインは、支配者になる為にモータルカップを使おうとして、ジョスリンが彼を止める為にカップを盗み姿を消したとホッジに説明しました。

消された記憶

サイレントブラザーズの元へジェイスと向かったクラリスは、試練を受けることに。

クラリスは、子供の頃の記憶を見て母親がシャドウハンターだったことを実感します。

しかし儀式の最中にクラリスは倒れ、「記憶を封印した人物を探すしかない」とジェイスが言いました。

マグナス・ベインという魔法使いがクラリスに魔法をかけたと知り、会いにいくことに。

マグナスはパーティー好きで、そこには吸血鬼たちもいました。

クラリスにマグナスは「君にかけた魔法は完ぺきだった。君がマークを書くようになるのは、魔法の効果が薄れている証だ」と言います。

マグナスは、ジョスリンがしたことは全てクラリスの為だと教えましたが、魔法は解く事ができないと告げました。

するとサイモンが吸血鬼に攫われてしまい、みんなで助けに行くことに。

吸血鬼は数が多く、苦戦していたジェイスたちでしたが狼人間が助けに来てくれたことで何とか逃げ出すことに成功します。

ケガの治療をしたサイモンは、何故か目が良くなってしました。

しかしクラリスは、彼の体に噛み跡があるのを見つけてしまいます。

サイモンは、吸血鬼に噛まれていたのです。

惹かれ合う2人

ジェイスがピアノを弾いているのを見つけたクラリス。

するとジェイスは、妖魔がある音に弱くバッハの譜面にその周波数が含まれていると教えます。

クラリスは、ポータルという行きたい場所へ連れて行ってくれる魔法があると知り母親を探そうとしましたが、ジェイスは修練が必要だと彼女を止めました。

その後ジェイスは、自分の秘密の場所へ彼女を招きます。

ジェイスは、自分の子供の頃の話を打ち明けその後クラリスとキスをしました。

部屋にクラリスを送ったジェイスでしたが、サイモンが部屋にいたことを知り「先約があるなら言えよ」と去っていきます。

クラリスは、サイモンは親友だと言いましたが、怒ったジェイスは話を聞きませんでした。

待っていたサイモンも怒り「君の側にずっといたのは僕だ。君のことが好きなんだよ。でも僕の片思いだ」と言って自分の家に帰ってしまいます。

図書室でルーンの勉強をしていたクラリスは、紙の中にコーヒーコップが入ってしまい驚きました。

紙の中に手を入れると、コーヒーカップを取り出すことができたのです。

見ていたホッジは、「それができたのはジョスリンだけだった」と言います。

カップの在処

クラリスは、ドロシアの持っていたタロットカードの中にモータルカップが隠されていると気づき、ジェイスたちと向かっていきました。

ドロシアが快く家に入れたことに気づき不振に思ったジェイスは、ピアノでバッハを弾き始めます。

クラリスがタロットカードからカップを抜き出すと、ドロシアが妖魔に変身し「よこせ」と襲いかかりました。

カップを奪われたクラリスたちが閉じ込められましたが、駆け付けたサイモンのおかげでドロシアを倒します。

元のタロットカードの中にカップを戻したクラリス。

ホッジの元へ持っていったクラリスでしたが、彼は「君にはわからないだろう。呪いをかけられた私の気持ちが」と言いポータルの中からバレンタインを呼び出したのです。

父親

バレンタインにジョスリンのことを尋ねると「無事だ」とクラリスに教えました。

彼は、ホッジからモータルカップを受け取り「本当に隠していたのはカップではなく、お前だ」とクラリスに言います。

バレンタインは、クラリスの父親だったのです。

隙を見てクラリスは、モータルカップをタロットカードの中に戻しポータルへ飛び込みます。

ポータルへ飛び込んだクラリスは、ルークと再会しました。

ルークは、狼人間でずっとジョスリンとクラリスを守っていたのです。

そのころバレンタインは、妖魔たちを呼び出す儀式をシャドウハンターの本部でし始めました。

ホッジはバレンタインの指示に従い、本部の結界を弱めてしまったのです。

バレンタインの元へ行ったジェイスは「久しぶりだな、息子よ」と言いました。

ジェイスは、自分はバレンタインの子供ではないと思っていましたが、子供の時のことを言われ動揺します。
クラリスとジェイスは兄妹だったのです。

迫りくる妖魔たち

シャドウハンターの本部に妖魔たちがなだれ込み、クラリスはルークたち狼人間を連れて戻って来ました。

妖魔の数が多く苦戦していると、クラリスが自分の手にルーンを書き妖魔たちの動きを止めます。

クラリスが使ったのはとても強力なルーン文字だったのです。

図書館へ戻ったクラリスは、バレンタインの首にナイフを押し付け眠っているジョスリンから離れるように指示しました。

バレンタインは、クラリスの手のルーン文字を見て「思ったよりも力があるんだな。遂に娘と息子が揃った」と言います。

ジェイスは、父親のバレンタインに従おうとしていましたが、クラリスを傷つけようとしているのを見て妖魔を呼ぶ儀式を中断させました。

ジェイスはバレンタインに立ち向かうのを見たホッジは、考えを改め本部の結界を戻し戦うことに。

クラリスは、ジェイスとバレンタインが戦うのを見てモータルカップをポータルへ突っ込み「あなたはパパなんかじゃない。認めない」と言い放ちポータルへバレンタインを押し込めました。

バレンタインがポータルへクラリスを引き込もうとしましたが、ジェイスが助けポータルごと破壊してしまいます。

新たな戦いへ

妖魔たちも追い払い、クラリスは眠っているジョスリンの元へ。

クラリスは、バレンタインにニセモノのモータルカップを渡していて「ママの秘密は私が守っていく」と告げます。

ジョスリンは病院に運ばれましたが、いつ意識がもどるかわからないと言われたのです。

お見舞いに来たサイモンは、いつか叶うと思っていたと打ち明け「次は叶うよな」とクラリスを諦めることにしたと言いました。

家に戻ったクラリスの元へやって来たジェイスは、「戻ってこないのか?」と言います。

お互いに側にいるのが辛いクラリスとジェイスでしたが、「みんなが君を必要としている。俺もな」と言いました。

クラリスは、ジェイスと一緒に本部へ戻ることに。

ジェイスは、「あいつが父親だとはどうしても思えない」と言いました。

映画「シャドウ・ハンター」の感想と考察

映画「シャドウ・ハンター」は、天使に力を与えられ妖魔と戦うシャドウハンターたちの姿が描かれていました。

キャストたちが素敵

この作品では、リリー・コリンズさんやジェイミー・キャンベル・バウアー・さんやロバート・シーハンさんやケヴィン・ゼガーズさんなど、有名なドラマや映画で活躍している人気キャストが出演しています。

リリー・コリンズさんとジェイミー・キャンベル・バウアーさんは、実際にこの作品がきっかけで付き合っていた事でも知られていますね。

本当に素敵なカップルでしたが、現在は破局しています。

ストーリーが面白い

映画「シャドウハンター」は、原作が小説という事もありストーリーとてもしっかりとしています。

ファンタジーが好きな方には特におすすめで、原作やドラマも是非チェックしてみてください!

ジェイスとクラリスは兄妹?

バレンタインは、ジェイスが自分の息子だと言っていましたね。

しかし、記憶を封じ込めることができるなら操作することもできるかもしれません。

ジョスリンが目覚めるとはっきりしますが、バレンタインがウソをついている可能性が高いです。

映画「シャドウ・ハンター」の評価とまとめ

映画「シャドウ・ハンター」は、モータルカップを巡って戦いを繰り広げるストーリーになっていました。

続編の製作の話もありましたが、中止になってから再開の目途が立っていないようです。

小説では先のストーリーが描かれているので、続編の制作を期待したいですね。

ダークファンタジーの世界が描かれた映画「シャドウ・ハンター」。

主人公の周りを取り囲んでいる環境や、膨大なファンタジーアクションなどが見どころになっています。

この作品では、困難に立ち向かいながらも諦めずに母親の意思を継ごうと思っている主人公の姿も見どころになっているので、ファンタジーの世界をどっぷり感じたい時などに楽しんでみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事