「ツーリスト」は、フランスの映画をハリウッドでリメイクした作品。

この映画は、おしゃれな雰囲気の作品で旅がテーマになっているので、とても人気があります。

この作品では、主人公のエリーズとツーリストのフランクの出会いだけでなく、伏線なども描かれているので見どころがたくさんあります。

主人公のエリーズは、毎日ある人物たちに監視されていました。

そんな彼女の元へ、一通の手紙が届き事態が動きだし……。

この作品では、監視されている女性と監視する諜報機関と謎の男が絡み合うストーリーになっています。

映画「ツーリスト」は、アンジェリーナ・ジョリーさんやジョニー・デップさんなどの豪華なキャストが出演している作品です。

そこで今回はツーリストのネタバレあらすじと感想考察や評価など、総合的な情報を解説していきます。

スポンサーリンク

映画「ツーリスト」の作品情報

【公開日】

2011年3月5日(日本)

【上映時間】

103分

【監督】

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

【脚本】

ジュリアン・フェロウズ

【出演者】
アンジェリーナ・ジョリー
ジョニー・デップ
ポール・ベタニ―

「ツーリスト」のネタバレあらすじや結末

美人の女性エリーズは、ある諜報機関から監視されていました。

彼女は、いつも通りに行きつけのカフェに行き紅茶を飲みます。

すると郵便配達員が、彼女に手紙を届けました。

諜報員たちは、郵便配達員を捕らえ「金融犯罪科」だと言います。

エリーズに手紙を出したのは、捜査官たちが追うアレクサンダー・スピアーズでした。

その手紙には、捜査官たちを巻いて列車に乗り自分と良く似ている体格の男性を探すように指示されていたのです。

手紙を燃やして席を立ったエリーズは、指示に従うことに。

手がかり

手紙を回収しようとする捜査官たちでしたが、既に燃えてしまっていたのです。

鑑識が手紙を捜査することになり、エリーズは地下鉄から降りて来た人に紛れ電車に乗り込みます。

捜査官のジョンは、アレクサンダーの捜索に行き詰まり上司に嫌味を言われました。

アレクサンダーは、多額の税金の未納で手配されていたのです。

鑑識が操作し、手紙の文字を浮かび上がらせることに成功しましたが、バラバラになっていてすぐに解読はできませんでした。

ジョンは、なんとかリヨン行きの列車の時刻を割り出すことに成功し、エリーズを追わせます。

ツーリスト

そのころ列車に乗り込んだエリーズは、アレクサンダーの指示通り彼に体格の似た男を探し、捜査官にアレクサンダーだと思わせようとしました。

列車の中で電子タバコを吸っていたフランクと出会ったエリーズ。

エリーズは、少し挙動不審で電子タバコを吸うフランクに「がっかり。自分の欲望に忠実な方が好きだ」と言います。

フランクは、アメリカ人で数学の教師をしていると明かしました。

エリーズは自分を食事に誘ってと言い出し、驚きながらもフランクは「食事でもどう?」と尋ねます。

するとエリーズは「女は質問が嫌いよ」と言い放ち、フランクは悩みながら「食事を、是非ご一緒に」と言いました。

別れ

食事をする2人を捜査官たちが監視し、そのことにフランクも気づきます。

フランクの写真がジョンの元へ送られ、ジョンは彼を検索するように指示しました。

イタリアのインターポールにフランクの写真が配られ、捜査員たちは逮捕する為に駅に配置されます。

列車の中でエリーズは「恋人たちの都ベニスになんで行くの?」と質問すると、フランクは「恋人を失ったんだ」と打ち明けました。

終点が近づき、別れたエリーズとフランク。

その頃ジョンは、手紙を解読しフランクが人違いだったことに気づきます。

フランクを逮捕しようと待っていた捜査員たちも解放され、検索結果でも彼が数学教師だと判明しました。

恋人たちの都へ

フランクの写真を本部で見た男性は、アレクサンダーだと思い込み彼が元々いた組織のボスのレジナルド・ジョーへ報告します。

レジナルドもアレクサンダーを探し、諜報機関にスパイを潜り込ませていたのです。

エリーズは、フランクを見つけてヨットに乗せました。

驚きながらもエリーズに同行したフランクは、豪華なホテルへ。

すると部屋には、アレクサンダーからエリーズへの贈り物がクローゼットに。
ディナーに行くことになり、エリーズのドレス姿にフランクは言葉を失います。

フランクは、「ホテルに準備をしたのは、どんな彼?」と尋ねました。

エリーズは、「素敵な人だった。会いたいけど、会いたくない」と打ち明けます。

間違えられたツーリスト

部屋に戻ると、花束と舞踏会への招待状が入っていました。

エリーズがバルコニーへ出ると、外に調査員が隠れているのを見つけフランクとキスをします。

捜査員たちとレジナルドの部下は、それを目撃してしまいました。

翌日フランクが目覚めると、エリーズの姿はなくレジナルドの差し向けた殺し屋に襲われそうになります。

何とか逃げ出したフランクでしたが、途中で警官を突き飛ばし逮捕されてしまいました。

フランクの取り調べをした刑事は、夜中に彼を連れ出しレジナルドの賞金欲しさに引き渡そうとします。

するとそこへエリーズが現れ、フランクをなんとか救出しました。

その後失敗したと報告されたレジナルドは、役立たずの部下を絞め殺してしまいます。

エリーズの決意

フランクは、エリーズに「どうゆうこと?」と尋ねました。

彼女は、キスをしたことで巻き込んだと謝罪します。

レジナルドは、アレクサンダーに金を盗まれたことで激怒していて、彼を追っているとエリーズは事情を説明しました。

するとフランクは、「僕みたいな男を好きになったことある?後悔してないよキスしたこと」と言います。

驚いたエリーズでしたが、フランクを空港へと送り届け「違う人生で会いたかった」と去って行きました。

カバンと取り残されたフランクは、エリーズの姿を見つめ「だけど、キミが好きだ」と呟きます。

エリーズの正体

エリーズは、そのまま金融犯罪科の本部へ。

彼女は、金融犯罪科の秘密諜報部員で何年もの間アレクサンダーに近づき潜入捜査をしていたのです。

エリーズは、ジョンに「アレクサンダーを渡す」と言いました。

ジョンは、情報をかく乱し続けたにも関わらずアレクサンダーを渡すと言われ、「あのツーリストの為か?」とバカにします。

エリーズは、舞踏会で通信機を付けて潜入すると約束しました。

舞踏会へ

舞踏会へ向かったエリーズは、彼女でさえ整形したアレクサンダーを見つけるのに苦労します。

何人かの男性が声をかけて来ましたが、なかなかアレクサンダーを見つけることができませんでした。

すると、彼女に封筒を渡した男がいたので、エリーズはが後を追いかけましたが、フランクが登場します。

音楽が流れはじめ、フランクが手を差し伸べるとエリーズの応じダンスを始めました。

エリーズは帰るようにフランクに言いましたが、彼は拒み「僕を心配してくれるけど、僕も君が心配だ」と言います。

しかし、エリーズは「あなたも計画の一部なのよ」と去って行きました。

フランクは、捜査員たちに捕らえられてしまいます。

開かずの金庫

手紙を開いたエリーズは、ある場所へと向かっていきました。

その後を捜査官とレジナルドの部下が追いかけて行きます。

ジョンは、目的地に着くまで暇なのでフランクをからかい「お前がアレクサンダーだとバレているんだ」と言い放ちました。

動揺するフランクを見て、ジョンたちは笑い「嘘だよ。作戦が終わるまで拘留する」と告げます。

エリーズが目的の場所へ到着すると、すぐ後からレジナルドが部下を連れて現れ「金庫の場所を教えろ」と言いました。

捜査員たちは、外から部屋を監視します。

拷問されるエリーズを見ていられなくなったフランクは、彼女を助けるようにジョンに頼みましたが、「捜査官なので大丈夫」だと言われてしまいました。

アレクサンダーの正体

エリーズは、ナイフを突きつけられ金庫の場所を教えてしまいます。

フランクは、ジョンたちの拘束を解いて逃げ出しエリーズの元へ。

金庫の暗証番号を知らないエリーズが脅されていると「彼女を放せ。そうすれば僕が開ける」と告げます。

名前を聞かれたフランクは、「アレクサンダーだ」と言いましたが、エリーズが「私が彼のことを話したのよ」と言いました。

レジナルドは、全くフランクのことを信じていませんでしたが、「証明する為に金庫を開けろ」と脅します。

様子を見ていたジョンは、渋々アレクサンダーを諦めレジナルドたちを射殺するように指示を出しました。

すると別の場所でアレクサンダーが発見されたと報告が入り、ジョンたちが向かっていきます。

フランクは「僕と彼のどちらを愛してる?」と尋ねると「2人も愛している」とエリーズが答えました。

すると「良い解決法がある」と言って、フランクは金庫を開き「一緒に居てくれる?」と尋ねキスをします。

そのころ逮捕された男は、アレクサンダーに雇われた偽物だったのです。

再び金庫へ戻った捜査官たちは、アレクサンダーの残した小切手を見つけ「一件落着だな」と言います。

納得のいかないジョンでしたが、「悪党も死んだ。彼は納税したから無罪だ」と言われました。

外へ出たジョンは、船で海に出たエリーズとフランクを見てアレクサンダーの正体に気づきます。

エリーズは、「多額の金を使って整形したのがその顔?我慢するわ」と彼に笑いました。

スポンサーリンク

映画「ツーリスト」の感想・考察・伏線やロケ地・ホテル

映画「ツーリスト」は、諜報部員と旅人(ツーリスト)のラブストーリーが描かれていました。

おしゃれ

映画「ツーリスト」は、出てくるホテルや景色やドレスなどがとてもおしゃれになっています。

ロマンチックなベニスが舞台になっているので、ストーリーだけでなく景色なども楽しめますよ。

アンジェリーナ・ジョリーさんのドレス姿は、女性でも見惚れてしまいますね。

ロケ地やホテル

ツーリストといえば歴史のあるヨーロッパの街並が魅力的ですよね。

例えば、パリでアンジェリーナが手紙を読む場面は、実在しているカフェ「Le Nemours」で撮影しているそうです。

他にもパリ、ヴェネチアなどを中心とした街中がロケ地となっているので、そういった街並みを見るのも楽しいですね。

あとはベネチアの最高級ホテルでもある「ダニエリ・ア ラグジュアリーコレクション」も、撮影シーンに出てくるので必見ですね。

ラストシーン

ストーリーのラストでは、フランクの正体が明らかになっていました。

元のアレクサンダーの姿も見てみたい気もしますが、最後のエリーズの「我慢するわ」というセリフが面白いですよね。

ジョニー・デップさんの顔で我慢するほど、アレクサンダーはかっこよかったのでしょうか。

伏線

アレクサンダーと間違えられて逮捕された男性は、エリーズがカフェにいたシーンでも登場していましたね。

よく見ると、他のシーンでも何度か登場しているので是非チェックしてみてください。

映画「ツーリスト」の評価とまとめ

映画「ツーリスト」は、おしゃれなラブストーリーになっていました。

伏線やアレクサンダーを追う人たちの奮闘する姿も見どころになっています。

恋人を探す女性と謎のツーリストが出会う映画「ツーリスト」。

ストーリーの伏線なども面白く、フランクが変わっていく姿なども見逃せませんね。

この作品では、アンジェリーナ・ジョリーさん演じる諜報部員の女性やツーリストの数学教師を演じたジョニー・デップさんなど見どころが満載の作品です。

ロマンチックでハラハラするラブストーリーが観たい時などに楽しんでみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事